Rakuten infoseek

辞書

高野聖【こうやひじり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高野聖
こうやひじり
鎌倉時代以後,全国を勧進遊行した高野山の僧で,のちには勧進だけでなく,行商などを行う者もあった。また,彼らの持運んだ説話作品も多く,唱導文芸として多くの影響を与えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうや‐ひじり〔カウヤ‐〕【高野聖】
地方伝道のために、高野山から派遣された回国の僧。学侶方(がくりょがた)・行人方(ぎょうにんがた)に対して、聖方(ひじりかた)のこと。のちには、高野山の下級の僧。また、その服装をした乞食僧(こつじきそう)。
タガメの別名。 夏》
[補説]書名別項。→高野聖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうやひじり【高野聖】[書名]
泉鏡花小説。明治33年(1900)発表。飛騨山中を舞台に、高野の旅僧魔性美女との出会いを、夢幻的に描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうやひじり【高野聖】
高野山を中心にして,全国に活躍した勧進聖。聖は古代宗教家の総名であったが,奈良時代から民間僧を指すとともに,半僧半俗の私度僧を指すようになった。その活動は主として勧進と唱導(説経)であったから,庶民的寺院や造営中の寺院にあつまりやすかった。高野山では平安中期から勧進聖があつまったが,まだ高野聖集団を形成するにいたらなかった。彼らが大きな勢力を示すのは白河上皇の高野山登拝のあった1088年(寛治2)のころからで,これが初期高野聖である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こうやひじり【高野聖】
泉鏡花の中編小説。1900年(明治33)2月《新小説》に発表。鏡花の出生地金沢は背後白山山脈がひかえ,さまざまな伝説の語り伝えられる地であった。《高野聖》もそのような伝説類と縁が深い。この作品は絶妙な語りの特色をもつ。語り手は旅僧宗朝,雪の夜の敦賀(つるが)の宿で旅僧はせがまれるままに,若き日に飛驒から信州へ越える山中で出会った,怪奇な出来事を語ってきかせる。富山の薬売を追って山中の一つ家にたどりついた旅僧は,そこで白痴の男と住む美女とめぐりあう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうやひじり【高野聖】
平安中期以降、仏道修行のため高野山に隠遁した僧。
寄付をつのるため、高野山から出て諸国を勧進遊行した僧。近世になると主として乞食僧・行商僧をさすようになった。
タガメの異名。 [季] 夏。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうやひじり【高野聖】
小説。泉鏡花作。1900年(明治33)発表。旅僧宗朝を語り手として、飛驒天生峠の、魔性の美女のいる超現実世界を描く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうや‐ひじり カウヤ‥【高野聖】
[1] 〘名〙
① 高野山に住する僧の意。はじめは高野山に隠遁して念仏を行なった聖をさしたが、のち諸国をめぐって勧進して歩いた宿借(やどかり)聖が主体となり、近世になると、乞食僧(こじきそう)、また、衣類などの押売り行商をする売僧(まいす)をもいう。高野行者。高野坊主。高野坊。
※米沢本沙石集(1283)一「高野聖(ヒシリ)と聞て、なつかしく思はれけるにや」
② (背の紋様を、高野僧が笈を負った姿に見立てていう) 昆虫たがめ(田鼈)」の異名。《季・夏》 〔和漢三才図会(1712)〕
③ 昆虫「あかとんぼ(赤蜻蛉)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
④ 昆虫「はぐろとんぼ(羽黒蜻蛉)」の異名。〔物類称呼(1775)〕
[2] 小説。泉鏡花作。明治三三年(一九〇〇)発表。男を鳥獣に変えてしまう魔性の美女を描き、幻想的浪漫的世界を開いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高野聖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高野聖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.