Rakuten infoseek

辞書

高邁【こうまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高邁
こうまい
megalopsychia; générosité
アリストテレスおよびデカルトにおいて重視された概念。原義は「寛大な心」「雄大な魂」を意味するが,特にアリストテレスでは中庸の徳の一種として,これが不足すると卑屈となり,過剰になると虚栄に陥る。したがって邁は名誉と不名誉にかかわっている。またデカルトにおいては「気高さ」の意味をもち自由意志の正しい使用に対する決意感,それを支える自尊感として重視される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐まい〔カウ‐〕【高×邁】
[名・形動]志などがたかく、衆にぬきんでていること。また、そのさま。「高邁な精神」「高邁な理想に燃える」
[派生]こうまいさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうまい【高邁】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
けだかく優れている・こと(さま)。 「 -な理想」
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐まい カウ‥【高邁】
〘名〙 (形動) 衆にぬきんでてすぐれていること。けだかくすぐれているさま。
※四河入海(17C前)一六「孝叔は其行跡が世人に超越して高なる程に」 〔晉書‐裴楷伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高邁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高邁の関連情報

他サービスで検索

「高邁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.