Rakuten infoseek

辞書

高知県四万十市【しまんと〈し〉】

日本の地名がわかる事典

〔高知県〕四万十〈市〉(しまんと〈し〉)

高知県南西部、四万十川の中・下流域を占める市。
北西部で愛媛県に接する。2005年(平成17)、中村市と幡多(はた)郡西土佐村が合併して成立。中心の中村地区は1468年(応仁2)、戦乱をさけて関白一条教房(いちじょうのりふさ)が下向してから発展し、京都を模したまちづくりが行われたことから「土佐の小京都」とよばれる。稲作と施設園芸、クリ・シイタケ・ユズなどの栽培が盛ん。黒尊(くろそん)川流域では林業も行われる。アオノリが特産品。清流四万十川は市の主たる観光資源。トンボ保護区である四万十市トンボ自然公園(通称トンボ王国)がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高知県四万十市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高知県四万十市の関連情報

他サービスで検索

「高知県四万十市」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.