Rakuten infoseek

辞書

高田屋嘉兵衛【たかだやかへえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高田屋嘉兵衛
たかだやかへえ
[生]明和6(1769).1.1. 淡路
[没]文政10(1827).4.5. 淡路
江戸時代後期の海運業者。寛政4 (1792) 年以来,兵庫に出て廻船業を営み,蝦夷松前に航して巨利を得た。幕府の択捉 (えとろふ) 島探検に応じて,同 11年同島への航路を開き,漁場を開拓。享和1 (1801) 年蝦夷地定雇船頭,文化3 (06) 年蝦夷地産物売捌 (うりさばき) 方を命じられ,箱館を拠点として蝦夷地の商権を独占し巨利を得た。同9年択捉からの帰途,国後 (くなしり) 島沖で V.ゴロウニン幽囚の報復としてロシア軍艦に捕えられてカムチャツカに連行され,翌年帰国,ゴロウニン釈放に努力した。文政5 (22) 年家業を弟金兵衛に譲り,淡路に隠退

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかだや‐かへえ〔‐カヘヱ〕【高田屋嘉兵衛】
[1769~1827]江戸後期の海運業者。淡路の人。西国・北国から松前に航路を開き、幕府択捉(えとろふ)島開拓に参加。文化9年(1812)ゴロブニン幽囚の報復としてロシアの軍艦に捕らえられ、翌年帰国。のち、両国の融和に尽力。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高田屋嘉兵衛 たかだや-かへえ
1769-1827 江戸時代後期の海運業者。
明和6年1月1日生まれ。兵庫と蝦夷(えぞ)地(北海道)との廻船業をいとなむ。寛政10年箱館に出店をもうけ,幕命により択捉島(えとろふとう)航路や同島の漁場を開発。ゴローブニンの箱館幽囚の報復として,文化9年ロシア船に捕らえられ,カムチャツカに連行される。翌年送還され,ゴローブニンの釈放,日露間の紛争解決につとめた。文政10年4月5日死去。59歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たかだやかへえ【高田屋嘉兵衛】
1769‐1827(明和6‐文政10)
江戸後期の商人。淡路の人。本姓高田で姓を屋号とした。兵庫を根拠に日本海・松前方面との廻船業を始め,1798年(寛政10)には箱館にも出店,幕府の北方政策に密着して1800年には択捉(えとろふ)島に至る航路や同島の漁場を開発し,01年(享和1)には幕府から蝦夷地定雇(じようやとい)船頭を命じられた。続いて蝦夷地東部にも場所請負の漁場をも経営,やがて箱館に本店,兵庫・大坂に支店を設けて手船数十艘を動かす有力商人となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかだやかへえ【高田屋嘉兵衛】
1769~1827) 江戸後期の海運業者。淡路の人。蝦夷えぞ交易を中心に活躍。1812年国後くなしり島沖で、ゴローニン幽囚の報復としてロシア海軍に捕らえられる。翌年帰国後はゴローニンの釈放その他、幕府とロシアとの仲介に努力。幕府蝦夷御用船頭にも任じられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高田屋嘉兵衛
たかだやかへえ
(1769―1827)
江戸後期の豪商、廻船(かいせん)業者。明和(めいわ)6年1月1日淡路(あわじ)国津名(つな)郡都志(つし)本村(兵庫県洲本(すもと)市都志)に生まれる。1500石積みの辰悦丸(しんえつまる)を所有し、兵庫を根拠に北海産物の交易に従事し、1798年(寛政10)には箱館(はこだて)に支店を開設。1799年東蝦夷(ひがしえぞ)地の仮上知(かりあげち)に伴い、幕命を受けて択捉(えとろふ)島への渡海路の調査にあたる。翌年辰悦丸で択捉島に渡り、大船通路の基礎を築くとともに、同島の漁場の開発に努めた。この功により1801年(享和1)に「蝦夷地御用定雇船頭(じょうやといせんどう)」に任じられて幕府の蝦夷地直営に参画し、官船の製造や官用船の運営にあたった。直営廃止後も、択捉場所、ネモロ(根室(ねむろ))場所などの場所請負を行い、箱館大町に本店を移し、大坂、兵庫に支店を置き、巨万の富を築いた。この間、ゴロウニン幽囚事件の報復として、1812年(文化9)国後(くなしり)沖でリコルド指揮下のロシア軍艦ディアナ号に捕らえられてカムチャツカに連行されたが、その剛胆で沈着な態度に感服したリコルドをして、嘉兵衛を頼りゴロウニンらの釈放を求める決意を固めさせた。翌1813年ディアナ号で国後島に送還された嘉兵衛の尽力により、同年9月、事件は円満に解決した。晩年は弟金兵衛に跡目を継がせて郷里に退隠し、文政(ぶんせい)10年4月5日自宅に没した。[小林真人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

高田屋嘉兵衛 (たかだやかへえ)
生年月日:1769年1月1日
江戸時代中期;後期の海運業者
1827年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかだや‐かへえ ‥カヘヱ【高田屋嘉兵衛】
江戸後期の海運業者。淡路の人。幕府から蝦夷地御用船の建造と、通商を命ぜられ、富を築く。文化八年(一八一一)、クナシリ沖でロシア船に抑留され、ロシアの航海家ゴロブニン抑留の報復としてカムチャツカに連行されたが、ゴロブニンと交換、釈放される。のち、両国の融和のためにつくした。明和六~文政一〇年(一七六九‐一八二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田屋嘉兵衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高田屋嘉兵衛の関連情報

関連キーワード

ヘルダーナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世馬鹿面有珠山アークライト青木昆陽安宅松

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.