Rakuten infoseek

辞書

高瀬舟【たかせぶね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高瀬舟
たかせぶね
川船の一種。古くは小型で底が深かった (高背) が,のちには大型で舳が高く底の浅いものになった。近世では利根川,大井川,保津川,富士川など多くの川筋で貨物輸送に用いられた。角倉了以 (すみのくらりょうい) が開いた京-伏見間の高瀬川は,この川船を航行させるために掘ったことによって名づけられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかせ‐ぶね【高瀬舟】
川船の一。古代から中世にかけては小形で底が深く、近世になって大形で底が平たく浅くなった。
[補説]書名別項。→高瀬舟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかせぶね【高瀬舟】[書名]
森鴎外の小説。大正5年(1916)発表。弟殺しの罪により、高瀬舟島流しになる喜助の、知足境地安楽死の問題を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

高瀬舟
日本のポピュラー音楽。歌と作曲は男性演歌歌手、五木ひろし。2006年発売。作詞:水木れいじ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかせぶね【高瀬舟】
古代以来,河川を主にして使われた喫水の浅い平底の小船で,湖沼や海辺でも用いられた。おもに渡船,輸送船であったが,平安貴族の間では,遊び船としても盛んに用いられた。高瀬舟と類似したものに平駄(ひらた)舟があり,両者の区別は必ずしも明らかでないが,平安後期の12世紀前期に北九州遠賀(おんが)川で,上流荘園の年貢米を運んでいた平駄舟の積載量は14石前後であった。鎌倉時代,中国地方の高梁(たかはし)川を上下して,東寺領備中(岡山県)新見(にいみ)荘その他の年貢米を運んだ高瀬舟はせいぜい5石積み程度であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかせぶね【高瀬舟】
河川で貨客を輸送した底の浅い船。櫂かいか棹さおを使って動かした。古代から近世まで使われた小舟であったが、江戸時代に利根川水系に就航したものだけは非常に大型化した。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかせぶね【高瀬舟】
小説。森鷗外作。1916年(大正5)「中央公論」発表。夜、高瀬川を下る舟の中での、遠島の刑を受けた弟殺しの喜助と、護送する同心羽田の話を通して、安楽死と知足の観念の問題を扱った作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高瀬舟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高瀬舟の関連情報

他サービスで検索

「高瀬舟」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.