Rakuten infoseek

辞書

高温【こうおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高温
こうおん
high temperature
高温は工業でも物理,化学でもよく取扱うが,その概念は場合によって異なる。通俗には 500℃以上であるが,鉄鋼では材料関係で 720℃ (→鉄鋼の変態 ) 以上に対し,高炉では 1800℃以上を高温といい,1600℃は低温操業という。燃焼工学ではだいたい 1500℃以上。また,絶対温度での融点の半分から上の温度域を,材料にとっての高温域と考えることもある。高温を得るには燃焼法が一般的であるが,同じ化学熱利用にテルミット法もある。物理的方法は非常に多様で,ジュール熱 (抵抗炉) ,電磁誘導 (低・高周波電気炉) ,アーク熱 (アーク炉) ,プラズマ流 (プラズマトーチ) ,電子流衝撃 (電子ビーム炉) ,イオン流衝撃 (水素,ヘリウム,アルゴンなど) ,太陽光・アークの焦点集注 (太陽炉,アークイメージ炉) ,気体の断熱圧縮,レーザー光線集注などを利用する諸法がある。最高温度は燃焼法では酸素アセチレン炎約 4000℃,テルミット法 3000℃,アーク炉 5000~1万 2000℃,太陽炉約 5000℃。核融合反応 (熱核反応) には数千万~数億度の温度が必要で,これは超高温という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐おん〔カウヲン〕【高温】
高い温度。「高温殺菌」「高温多湿」⇔低温

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうおん【高温】
高い温度。高温度。 ⇔ 低温

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐おん カウヲン【高温】
〘名〙 「こうおんど(高温度)」の略。
稲熱病(1939)〈岩倉政治〉五「近頃の急激な高温で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高温」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高温の関連情報

他サービスで検索

「高温」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.