Rakuten infoseek

辞書

高浜虚子【たかはま きょし】

美術人名辞典

高浜虚子
俳人。愛媛県生。名は清。正岡子規師事。「ホトトギス」を主宰。定形季語を尊重し、また俳句の理念は〈花鳥諷詠〉にあると提唱、客観写生による自然描写の文学と定義づけて多くの優れた俳人を育成した。芸術院会員。文化勲章受章。昭和34年(1959)歿、85才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たかはま‐きょし【高浜虚子】
[1874~1959]俳人・小説家。愛媛の生まれ。本名、清(きよし)。正岡子規に師事。俳誌ホトトギス」を継承して主宰、多くの門下を育てた。句風は客観写生・花鳥諷詠に立ち、平明で余情が深い。文化勲章受章。著「虚子句集」「五百句」、小説「風流懺法(ふうりゅうせんぽう)」「俳諧師」など。
大野林火によるの評論。昭和19年(1944)刊。その後、昭和24年(1949)に増補版、昭和49年(1974)には改訂新版を刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高浜虚子 たかはま-きょし
1874-1959 明治-昭和時代の俳人,小説家。
明治7年2月22日生まれ。中学時代から正岡子規に師事。明治31年「ホトトギス」をひきつぐ。一時小説や写生文をかいたが大正2年俳句に復帰。客観写生,花鳥諷詠(ふうえい)をといて俳句の伝統擁護につとめた。昭和29年文化勲章受章。芸術院会員。昭和34年4月8日死去。85歳。愛媛県出身。旧姓は池内。本名は清。句集に「虚子句集」「五百句」,小説に「俳諧師」「柿二つ」など。
【格言など】去年(こぞ)今年貫く棒の如きもの(「六百五十句」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たかはまきょし【高浜虚子】
1874‐1959(明治7‐昭和34)
俳人,小説家。本名清。旧姓池内。松山市生れ。伊予尋常中学在学中,同級生の河東碧梧桐を介して正岡子規を知り師事。三高から二高に転じて中退。上京して碧梧桐とともに子規の周辺にいて俳句運動を助けた。子規の写生を有情の方向で実らせ,絵画的な特色とともに,季題情趣に新しい世界を見せた。松山で創刊された《ホトトギス》を1898年から東京に移して経営,子規の俳句運動の〈場〉を新聞《日本》との両輪にした。《ホトトギス》では文章にも力を注ぎ,写生を生かした文章表現を子規と力を合わせて開拓した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかはまきょし【高浜虚子】
1874~1959) 俳人・小説家。松山生まれ。本名、清。正岡子規に師事。「ホトトギス」を主宰、客観写生・花鳥諷詠を主張し、俳句の普及と後輩の育成に努めた。写生文・小説もよくし、「鶏頭」「俳諧師」「柿二つ」などの創作がある。句集「五百句」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高浜虚子
たかはまきょし
[生]1874.2.22. 松山
[没]1959.4.8. 鎌倉
俳人,小説家。本名,清。伊予中学校時代に正岡子規の門に入り,第二高等学校在学中,俳句革新運動の開始を知り,河東 (かわひがし) 碧梧桐とともに中退して上京,子規を中心とする『日本』派俳句の双璧となった。子規没後『ホトトギス』を主宰,写生説を受継いで伝統墨守の立場をとり,『日本』に拠って新傾向の俳句を推進した碧梧桐派と勢力を二分した。一時は写生文小説に熱中したが,大正初頭に俳壇に復帰,「客観写生」「花鳥諷詠」論を主張した。『稿本虚子句集』 (1908) から『七百五十句』 (64) まで,多くの句集がある。小説は『俳諧師』 (08) ,『続俳諧師』 (09) ,『柿二つ』 (15) など。 1937年芸術院会員。 54年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高浜虚子
たかはまきょし
(1874―1959)
俳人、小説家。明治7年2月22日(臍(ほぞ)の緒書(おがき)では20日)松山市長町新丁(現湊(みなと)町4丁目)に生まれる。本名清。父池内庄四郎政忠(しょうしろうまさただ)(のちに信夫(のぶお))は藩の剣術監、母は柳(りゅう)。1882年(明治15)祖母の実家高浜姓を継ぐ。中学時代より河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)と親しみ文学に志し、先輩正岡子規(しき)に俳句を示し、本名と同音の虚子の雅号を与えられる。1892年9月、京都の旧制第三高等学校入学、碧梧桐も後れて入学同居し俳友とも交わった。学制改革でともに仙台の二高に移ったが、文学への念強く1894年そろって退学上京した。志は小説にあったが、子規の影響で句作し、子規は新聞『日本』の『明治二十九年の俳諧(はいかい)』で「縦横」の評で虚子の句を紹介した。1897年大畠(おおはた)いとと結婚。松山で柳原極堂が子規後援で発行していた『ホトトギス』を1898年10月自らの手に移し、以後虚子の活動の主力はこの雑誌によった。1901年(明治34)俳書出版の俳書堂設立。子規の写生主義が散文に及んだ写生文にも熱心で、1905年夏目漱石(そうせき)の『吾輩(わがはい)は猫である』を『ホトトギス』に掲げた反響大きく、その刺激で自らも小説を発表し、08年短編集『鶏頭』を出版。長文の漱石の序で余裕派の名も与えられた。この年『国民新聞』に長編『俳諧師』連載。一方、すでに1902年9月子規没後独自の道へ進んだ盟友碧梧桐は、06年8月から全国遍歴の旅信中『ホトトギス』の小説雑誌化を批判し新傾向への普及を計った。
 虚子は1910年鎌倉に居を移し、また国民新聞社を辞して衰運の『ホトトギス』を挽回(ばんかい)するため12年7月号より雑詠欄を復活した。1913年(大正2)「霜降れば霜を楯(たて)とす法の城」「春風や闘志いだきて丘に立つ」の句に、碧梧桐らの新傾向句に対し、俳句伝統の定型、季語を守る守旧派の決意を表明した。この俳壇復帰で大正期、『ホトトギス』から渡辺水巴(すいは)、村上鬼城(きじょう)、飯田蛇笏(だこつ)、前田普羅(ふら)、原石鼎(せきてい)、長谷川零余子(れいよし)、長谷川かな女、野村泊月(はくげつ)らが輩出した。客観写生の主張から昭和期に及んで俳句は花鳥諷詠(ふうえい)と説き、4Sとよばれた水原秋桜子(しゅうおうし)、山口誓子(せいし)、阿波野青畝(せいほ)、高野素十(すじゅう)をはじめ、日野草城、川端茅舎(ぼうしゃ)、松本たかし、富安風生、山口青邨(せいそん)、中村草田男(くさたお)、中村汀女(ていじょ)、星野立子(たつこ)らを出し、『ホトトギス』は俳壇において全盛の観があった。写生文小説も書き続け、子規晩年を描く長編『柿(かき)二つ』を1915年『東京朝日新聞』に連載し、5月新橋堂から刊行した。『ホトトギス』から漱石のほか寺田寅彦(とらひこ)、伊藤左千夫(さちお)、長塚節(たかし)、鈴木三重吉、野上弥生子(やえこ)らを文壇に送った点は、虚子の力に負うところが大きい。
 虚子は1924年満州(中国東北)、朝鮮を訪れ、また36年(昭和11)渡欧し句境を広め、また海外に俳句を示した。戦中戦後は長野県小諸(こもろ)に疎開、名吟「山国の蝶(ちょう)は荒しと思はずや」などの『小諸百句』(1946)や、せつなく美しい師弟愛を描く小説『虹(にじ)』(1947)も書いた。1951年(昭和26)3月『ホトトギス』雑詠選を長男年尾に譲る。54年文化勲章受章。昭和34年4月8日永眠。法名虚子庵高吟椿寿居士。墓は鎌倉・寿福寺にある。[福田清人]
『『定本高浜虚子全集』15巻・別巻1(1973~75・毎日新聞社) ▽『柿二つ』(1986・永田書房) ▽大野林火著『増補改訂版 高浜虚子』(1949・七洋社) ▽大野林火著『高浜虚子』(1993・日本図書センター) ▽山口誓子他著『高浜虚子研究』(1974・右文書院) ▽清崎敏郎著『高浜虚子』(1980・桜楓社) ▽水原秋桜子著『定本高浜虚子』(1990・永田書房) ▽恩田甲著『入門高浜虚子』(1995・おうふう) ▽本井英編著『高浜虚子』(1996・蝸牛社) ▽中岡毅雄著『高浜虚子論』(1997・角川書店) ▽鳴瀬善之助著『俳句について――高浜虚子をめぐって』(2005・まほろば書房) ▽中田雅敏著『高浜虚子――人と文学』(2007・勉誠出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかはま‐きょし【高浜虚子】
俳人。小説家。本名清。愛媛県松山市出身。二高中退。正岡子規に師事。子規派の俳句雑誌「ホトトギス」を継承して主宰。「客観写生」を唱えて、俳句を花鳥諷詠の詩と主張し、大正・昭和の俳壇に君臨。写生文小説も書き評価された。文化勲章受章。著、「鶏頭」「俳諧師」「風流懺法」「柿二つ」「五百句」など。明治七~昭和三四年(一八七四‐一九五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高浜虚子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高浜虚子の関連情報

他サービスで検索

「高浜虚子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.