Rakuten infoseek

辞書

高橋和巳【たかはしかずみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高橋和巳
たかはしかずみ
[生]1931.8.31. 大阪
[没]1971.5.3. 東京
小説家。 1955年京都大学文学部中国文学科卒業。 59年同博士課程修了。『逸脱論理埴谷雄高論』 (1961) ,『竹内好論』 (61) を経て長編小説悲の器 (うつわ) 』 (62) が出世作となった。 67年京大文学部助教授になったが,大学紛争渦中で 70年職を辞し,『わが解体』に心境を吐露した。ほかに小説『憂鬱なる党派』 (65) ,『邪宗門』 (65~66) ,評論集『孤立無援思想』 (66) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかはし‐かずみ【高橋和巳】
[1931~1971]小説家・中国文学者。大阪の生まれ。戦後文学の影響を受け、知識人のあり方を追求した長編を発表。小説「悲の器」「邪宗門」「散華」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高橋和巳 たかはし-かずみ
1931-1971 昭和時代後期の小説家。
昭和6年8月31日生まれ。高橋たか子の夫。同人誌「VIKING」に参加,昭和37年「悲の器」で河出書房文芸賞。つづいて「憂鬱なる党派」「邪宗門」などを発表。吉川幸次郎門下の中国文学者としても知られ,42年から京大助教授をつとめたが,学園闘争で学生側にたち45年辞職。昭和46年5月3日死去。39歳。大阪出身。京大卒。
格言など】個々人が「生涯にわたる阿修羅として」現実社会と闘わなければならない(昭和44年全国教官討論集会での講演)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たかはしかずみ【高橋和巳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかはしかずみ【高橋和巳】
1931~1971 小説家・中国文学者。大阪生まれ。京大助教授。戦後文学の影響下に出発、戦争・宗教・政治などの問題を扱い、知識人の精神のあり方を追求した。著「悲の器」「憂鬱なる党派」「邪宗門」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高橋和巳
たかはしかずみ
(1931―1971)
小説家。昭和6年8月31日大阪市に生まれる。京都大学中国文学科卒業。少年期の戦争体験をもとに高校時代から埴谷雄高(はにやゆたか)や野間宏(ひろし)など第一次戦後派の小説に傾倒。大学入学後、小松左京らと同人雑誌を刊行し、習作を発表した。1962年(昭和37)1人の刑法学者の破滅を通して人間の根本的悪を描破した『悲(ひ)の器(うつわ)』が河出書房文芸賞第1回長編部門に当選、一躍注目を浴びる。続いて戦時下の精神を追究した『散華(さんげ)』(1963)、ある新興宗教の教団を中心に昭和の精神史を描かんとした『邪宗門』(1965~66)など次々と大作を刊行。評論家としても活躍した。また中国文学者としても有能で、67年には京大文学部助教授となったが、おりからの大学紛争のなかで学生側を支持、やがて心身ともに疲労して辞職した。その際の彼の苦悩は『わが解体』(1969)にみることができる。彼の文学の特色は、否定の精神に基づきながら知識人の運命と責任、その倫理を追究することにあった。結腸癌(がん)のため、昭和46年5月3日没。夫人は小説家の高橋たか子。[紅野謙介]
『『高橋和巳全集』全20巻(1977~80・河出書房新社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかはし‐かずみ【高橋和巳】
小説家、中国文学者。大阪生まれ。京大中国文学科卒。京大助教授。現代社会における知識人のあり方を追究する長編を発表。作品「憂鬱なる党派」「悲の器」「邪宗門」など。昭和六~四六年(一九三一‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋和巳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高橋和巳の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託清水宏斎藤寅次郎アッタロス[1世]五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.