Rakuten infoseek

辞書

高梁【たかはし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高梁
たかはし
岡山県西部,高梁川中流域の吉備高原にある地区。旧市名。 1954年高梁町と津川 (つがわ) ,川面 (かわも) ,巨瀬 (こせ) ,宇治 (うじ) ,玉川 (たまがわ) ,松原,落合,高倉の8村が合体して市制。 1955年中井村を編入。 2004年 10月,有漢成羽川上備中の4町と合併して新市高梁市となる。中心市街地の高梁は高梁川左岸の小平地にあり,江戸時代は備中松山と呼ばれ,水谷氏 (のち板倉氏) の城下町として形成された。備中松山城臥牛山上にあり,城郭は現存する唯一の山城で,城跡全体は史跡,天守閣は重要文化財。城下町は山麓の藩主居館を中心に階段状に武家屋敷が,その下段の高梁川沿いに町家が造られた。特産品は,経木のほか,モールなどのクリスマス用品,竹すだれなど。吉備高原上の農村部では耕地のほとんどが畑で,ビール麦,タバコを主産物とし,乳牛肉牛を飼育する。頼久寺には小堀遠州作の名園 (名勝) ,落合地区には山中幸盛の墓がある。8月の盆踊りは松山踊りとして有名。臥牛山のサル生息地は天然記念物。臥牛山一帯は高梁川上流県立自然公園に属する。備中神楽は重要無形民俗文化財。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかはし【高梁】
岡山県西部、高梁川中流域にある市。もと板倉氏の城下町。臥牛(がぎゅう)山にある松山城は現存唯一の山城。旧称松山を明治2年(1869)に改称。人口3.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たかはし【高梁】
岡山県中西部、高梁川中流域の市。板倉氏の旧城下町。また、高梁川水運の要地として繁栄。明治初年まで松山と称した。山城の松山城がある。 → 松山城

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかはし【高梁】
岡山県中西部の地名。高梁川の中流域にある。明治二年(一八六九)までは松山と称した。中世には守護が置かれ、江戸時代は板倉氏五万石の城下町として栄えた。臥牛山頂の松山城は、日本最高所(標高四六〇メートル)にある山城として知られる。頼久寺(らいきゅうじ)がある。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高梁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高梁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.