Rakuten infoseek

辞書

高度情報通信システム【コウドジョウホウツウシンシステム】

デジタル大辞泉

こうど‐じょうほうつうしんシステム〔カウドジヤウホウツウシン‐〕【高度情報通信システム】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうどじょうほうつうしんしすてむ【高度情報通信システム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高度情報通信システム
こうどじょうほうつうしんしすてむ
Information Network System
高度情報社会に必要とされる大量の情報を経済的に伝達・通信・処理できる通信システムのこと。この通信システムは日本電信電話公社(現日本電信電話株式会社)が1981年(昭和56)に基本構想を明らかにしたもので、英語の頭文字をとってINSと略称した。
 社会での情報の利用形態の多様化に伴い、通信の内容は従来の音声・記号によるものから、画像や数値情報を含めたものに、通信の主体は従来の人対人によるものから、人対機械、さらには機械対機械を含めたものにまで拡大された。このため、通信網を従来のアナログ主体のものからデジタル主体のものにかえ、大量情報の高速伝送と伝送経費の低減を図るとともに、利用されやすいサービスを提供する目的でINSは推進された。
 1983~1984年にINSモデルシステムの試用が開始されたころサービス総合デジタル網(ISDN)の世界的な標準化が国際電信電話諮問委員会(CCITT、現国際電気通信連合ITU)で進められ、日本のデジタル通信サービス実用化懇談会は、INSは国際標準規格であるISDNに準拠した方式で実用化すべき(日本独自のものは認めず)とした。それに沿って、1988年に電話線によるデータ伝送速度が毎秒64キロビット×2の「INSネット64」の実用サービスが開始された。さらに1989年から光ファイバーケーブルや広帯域無線チャンネルによる毎秒1.5メガビットの「INSネット1500」の回線交換サービスとパケット交換サービスが開始され、20世紀末には中小企業を中心に普及した。しかし、21世紀になると伝送速度が毎秒1.5メガビットのADSLや毎秒数10メガビットのFTTH(Fiber To The Home、光ファイバー加入者線)を用いた広帯域のインターネットが普及したため、大企業などからの加入者は減少し、INS64とINS1500のサービスはフレッツISDNに統合された。[岩田倫典]
『NTTグループ・ネットワーク研究会編著『手にとるように通信のことがわかる本』(2001・かんき出版) ▽井上伸雄著『通信の最新常識――しくみから最先端技術まで』(2003・日本実業出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高度情報通信システム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高度情報通信システムの関連情報

関連キーワード

広帯域通信網ISDNISDNINSネット慣性航法装置ISDNINSテレホーダイINSテレチョイスISDN

他サービスで検索

「高度情報通信システム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.