Rakuten infoseek

辞書

高平真藤【たかひら まふじ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高平真藤 たかひら-まふじ
1831-1895 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)2年生まれ。陸奥(むつ)一関(いちのせき)(岩手県)藩士。はじめ佐々木親覧(ちかみ)に歌学を,のち江戸で前田夏蔭(なつかげ)に国学をまなぶ。維新後藩校教成寮国学頭となるが,明治4年廃藩で閉校となり,東京書籍館(帝国図書館の前身)につとめた。明治28年11月16日死去。65歳。名は清敏。号は虚甕,。著作に「平泉志」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高平真藤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高平真藤の関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.