Rakuten infoseek

辞書

高師世【こうの もろよ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高師世 こうの-もろよ
?-1351 南北朝時代の武将。
高師泰の子。高師直の甥(おい)。足利直義(ただよし)と対立した師直にかわり,貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年(1349)室町幕府執事。翌年父や師直とともに直義を討つために出陣したが,観応(かんのう)2=正平6年敗れ,和睦後の同年2月26日一族とともに摂津武庫川で上杉能憲(よしのり)に討たれた。通称は越後将監。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高師世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高師世の関連情報

関連キーワード

崇光天皇アユタヤ朝正平一統慕帰絵詞労働者制定法アユタヤ朝紅巾の乱浄土真宗ラーマティボディ(1世)労働者条例

他サービスで検索

「高師世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.