Rakuten infoseek

辞書

高島秋帆【たかしま しゅうはん】

美術人名辞典

高島秋帆
幕末の兵学者・砲術家。長崎生。名は茂敦、字は舜臣、通称を糾之丞。鉄砲を外国より購入し、その鋳造に尽力した。近代的西洋流砲術の先駆者で進取的精神の持主であった。幕府の鉄砲方手付、教授方頭取、講武所砲術師範役などを歴任。慶応2年(1866)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たかしま‐しゅうはん〔‐シウハン〕【高島秋帆】
[1798~1866]江戸後期の兵学者・砲術家。日本近代砲術の祖。長崎の人。名は舜臣(きみおみ)。通称、四郎太夫。オランダ人蘭学・兵学・砲術を学び、高島流創始ペリー来航を機に講武所砲術指南役となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高島秋帆 たかしま-しゅうはん
1798-1866 江戸時代後期の砲術家。
寛政10年8月15日生まれ。長崎町年寄の父の跡をつぐ。オランダ人から西洋砲術をまなぶ。天保(てんぽう)12年武蔵(むさし)徳丸原(東京都)で洋式銃陣の演習をおこない,江川太郎左衛門英竜(ひでたつ)らに伝授した。安政2年幕臣となり,のち講武所師範役。慶応2年1月14日死去。69歳。名は茂敦。字(あざな)は舜臣(きみおみ)。通称は四郎太夫。
【格言など】只今之急務と仕候処は大砲に御座候(「嘉永上書」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

高島秋帆
1798〜1866(寛政10〜慶応2)【砲術家】西洋砲術により、幕府軍隊の近代化を促進。 砲術家。長崎町年寄などを勤めながら荻野流砲術を修めた後、オランダ人より西洋砲術を学ぶ。1840年のアヘン戦争の際、幕府に西洋砲術の採用を建議、翌年徳丸ヶ原で初の洋式砲術の実射演習をおこなう。その後、講武所砲術師範役に任じられた。著書に本訳書「高島流砲術伝書」がある。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかしましゅうはん【高島秋帆】
1798‐1866(寛政10‐慶応2)
幕末の長崎会所調役頭取で砲術家。名は茂敦,通称は四郎太夫,秋帆は号。長崎防備のため,はじめ荻野流砲術を学び,のち出島のオランダ人から西洋砲術を学んで,これを高島流砲術と名づけた。西洋近代砲術を最初に紹介したものといえる。アヘン戦争が起こった1840年(天保11),幕府に上書して西洋砲術の採用を説いた。翌年幕命で出府し,徳丸ヶ原で操練を行い,名声を得た。幕府は高島流砲術を採用することとし,彼の所持する大砲を購入し,あわせて代官江川太郎左衛門に砲術の伝授を命じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかしましゅうはん【高島秋帆】
1798~1866) 江戸後期の兵学者・砲術家。名は舜臣きみおみ、通称、四郎太夫。長崎生まれ。長崎町年寄・鉄砲方となり大砲の購入・鋳造に努め、幕府に洋式砲術採用を建議。武州徳丸原で砲術演習を行なって、江川太郎左衛門ら幕末西洋砲術家に多大の影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高島秋帆
たかしましゅうはん
[生]寛政10(1798).8.15. 長崎
[没]慶応2(1866).1.14. 江戸
幕末の兵学者,砲術家。開国通商派の一人。名,茂敦。通称,四郎太夫。長崎の町年寄兼長崎奉行所鉄砲方の父,茂紀の跡を継ぎ,オランダ式砲術を研究,荻野流砲術の師範役をつとめた。天保 11 (1840) 年のアヘン戦争に触発され,『泰西火攻全書』を著わし,洋式砲術の振興を幕府に進言した。天保 12 (41) 年5月伊豆韮山代官江川太郎左衛門 (英龍) の後援で江戸徳丸ヶ原で洋式砲術の公式実演を挙行,長崎会所調役頭取に栄進。先覚的行為を非難されて翌年投獄されたが,M.ペリー来航とともに許され,安政3 (56) 年幕府の講武所砲術師範役,具足奉行格となった。 (→高島流 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

高島秋帆 (たかしましゅうはん)
生年月日:1798年8月15日
江戸時代末期の砲術家;洋式兵学者
1866年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかしま‐しゅうはん【高島秋帆】
江戸後期の砲術家。長崎の人。名は茂敦。字(あざな)は舜臣(きみおみ)。通称糾之丞(ただのじょう)、四郎太夫。蘭学、兵学を学んで大砲鋳造を行ない、日本最初の西洋砲術である高島流を創始した。寛政一〇~慶応二年(一七九八‐一八六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島秋帆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高島秋帆の関連情報

他サービスで検索

「高島秋帆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.