Rakuten infoseek

辞書

高山【こうやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高山
こうやま
鹿児島県南東部,肝付町北西部を占める旧町域。大隅半島の東部にある。 1932年町制。 2005年内之浦町と合体して肝付町となった。中心地区の新富は 10世紀末から約 600年間伴氏 (のちの肝付氏) の城下町として発展江戸時代島津氏の直轄地で集落が置かれた。麓の遺構武家屋敷現存。高山川右岸には江戸時代の民家である国の重要文化財の二階堂家住宅がある。肝属川河口港の波見 (はみ) は和寇の根拠地,のち商港として栄えたが,古江線 (のちに廃線) 開通後衰微。平野部では早場米栽培が行なわれ,台地部ではサツマイモがおもにつくられる。ほかにポンカン栽培と和牛の飼育,養豚などが行なわれる。中世山城の典型といわれる高山城跡塚崎古墳群といった国の史跡がある。塚崎のクスは国の天然記念物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山
こうやま
山口県北端,日本海岸に突き出た半島にある山。標高 533m。萩市の北東部に円錐状にそびえ,航行の好目標となる。斑糲岩からなる山頂方位を狂わすといわれる磁石石があり,1936年国の天然記念物に指定。四囲の展望は雄大で,遠く見島 (萩市) や石見高原を一望することができる。北端高山岬。半島一帯は北長門海岸国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山
たかやま
奈良県北東部,生駒市北部の地区。富雄川上流域にあり,農村工業として竹製の茶道具,編み製造が行われ,特に茶筌 (ちゃせん) は全国的に知られる。近年は 1993年に関西文化学術研究都市奈良先端科学技術大学院大学設立され,文化・学術地区として発展。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐ざん〔カウ‐〕【高山】
標高の高い山。⇔低山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たか‐やま【高山】
高い山。こうざん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかやま【高山】[地名]
岐阜県北部の市。飛騨(ひだ)地方中部を占める。一位一刀彫春慶塗・渋草焼などの工芸が盛ん。高山祭は有名。町割りが似るところから小京都とよばれ、もと江戸幕府の直轄領で、陣屋跡がある。平成17年(2005)2月、丹生川(にゅうかわ)村、清見村、荘川村、宮村、久々野(くぐの)町、朝日村、高根村、国府町、上宝(かみたから)村を編入。面積が日本最大の市。人口9.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかやま【高山】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

高山
正式社名「株式会社高山」。英文社名「TAKAYAMA CO., LTD.」。卸売業。大正12年(1923)創業。昭和31年(1956)設立。本社は東京都台東区西浅草。菓子専門商社。チョコレート・スナック菓子・キャンデーなどを販売。自社ブランド「買物専科」をはじめ商品開発も手がける。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうざん【高山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうざん【高山】
高い山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかやま【高山】
高い山。こうざん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかやま【高山】
岐阜県北部の市。宮川に沿う飛驒地方の中心地。中世は金森氏の城下町、江戸時代は幕府直轄地。町割りや山川が京都に似て、「小京都」の名がある。春慶塗や木工芸品などを特産。飛驒高山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかやま【高山】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高山
こうやま
鹿児島県大隅半島(おおすみはんとう)の南部にある肝属郡(きもつきぐん)にあった旧町名(高山町(ちょう))。現在は肝付(きもつき)町の北部を占める。旧高山町は1932年(昭和7)町制施行。2005年(平成17)内之浦(うちのうら)町と合併し肝付町となった。旧町域の南部と東部は山地(肝属山地)、中央部はシラス台地、北部は肝属川の沖積低地の肝属平野で、北に向かって低くなる。国道448号が東部の志布志(しぶし)湾岸を通過する。国鉄大隅線が通じていたが、1987年(昭和62)廃線、バスに転換した。平安時代から島津氏による三州統一(1577)まで、大隅に勢力を張った肝付氏の本拠地。近世は直轄地で地頭が置かれた。低地は水田に、シラス台地は畑作に利用され、山地も林業が盛んである。ポンカンの生産も多い。「大隅そろばん」は有名で、ほかに家具も伝統がある。文化財が多く、塚崎古墳群(つかざきこふんぐん)、塚崎のクス、肝付氏居住跡の高山城跡は国指定史跡。二棟造の二階堂家住宅(にかいどうけじゅうたく)は国指定重要文化財。四十九所神社の流鏑馬(やぶさめ)も知られる。[田島康弘]
『『高山郷土誌』(1966・高山町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ざん カウ‥【高山】
〘名〙 高い山。
※万葉(8C後)五・八七一・右詞文「即登高山之嶺、遙望離去之船
※名語記(1275)五「それに、高山あり。日本第一のたかき山なり」 〔書経‐禹貢〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たか‐やま【高山】
[1] 〘名〙
① 高い山。こうざん。
※古事記(712)下「是に天皇、高山(たかやま)に登りまして四方の国を見たまひて」
② 値段の高いことを山に擬していうことば。
[2]
[一] 岐阜県北部の地名。宮川の上流域、高山盆地にある。天正一四年(一五八六)金森氏三万八千石の城下町となり、飛騨地方の中心地となる。元祿五年(一六九二)以後は幕府直轄地。木工業が主で、特産物に漆器の飛騨春慶塗がある。市街が京都の町割りをもとにしてつくられているところから、小京都とも呼ばれる。周辺町村の編入合併を経て、東の飛騨山脈から、西の両白山地まで広い市域をかかえる。昭和一一年(一九三六)市制。
[二] 奈良県生駒市の地名。富雄川の上流域にあり、茶筅(ちゃせん)を特産。
※浮世草子・好色五人女(1686)一「高山の茶筅師、丹波の蚊屋うり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかやま【高山】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.