Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

高城【たかじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高城
たかじょう
宮崎県南西部,都城市北東部の旧町域。都城盆地の北東部にある。 1934年町制。 2006年都城市,山之口町,山田町,高崎町と合体して都城市となった。江戸時代は薩摩藩領。大淀川中流の東岸地域を占め,主産業は農業で,米,サツマイモ,サトイモ,ゴボウなどを産し,畜産も行なわれる。観音池公園,石山観音寺,牧原古墳などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たか‐き【高城】
山地にある城。高い土地に構えたとりで。
「宇陀(うだ)の―に鴫罠(しぎわな)張る」〈・中・歌謡〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかき【高城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たかじょう【高城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高城
たかじょう

宮崎県南西部、北諸県(きたもろかた)郡にあった旧町名(高城町(ちょう))。現在は都城市(みやこのじょうし)の北東部を占める地域。旧高城町は1934年(昭和9)町制施行。2006年(平成18)都城市に合併。旧町域は高城町を冠する大井手(おおいで)、桜木(さくらぎ)、穂満坊(ほまんぼう)、石山、有水(ありみず)、四家(しか)の6大字(おおあざ)からなる。中世城館高城、別名月山日和城跡(がっさんひわじょうし)があり、近世は高城郷であった。旧町域の西部を大淀(おおよど)川が北流し、都城盆地の北東部を占める。国道10号が通る。荘園(しょうえん)時代は島津荘三俣院(しまづのしょうみまたのいん)に属した。高城は中世、南朝方の南九州の一拠点で、後の戦国時代に伊東氏から薩摩(さつま)島津氏の領有となったが、元和の一国一城令で廃された。農業が中心で、サトイモ、葉タバコなどのほか畜産も盛ん。高城城跡のほか、石山観音池、城跡東部の台地上には牧之原古墳群(まきのはらこふんぐん)がある。

[横山淳一]

『『高城町史』(1989・高城町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たか‐き【高城】
〘名〙 高い山や岡の上に築かれた城郭。
※古事記(712)中・歌謡「宇陀の 多加紀(タカキ)に 鴫罠張る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.