Rakuten infoseek

辞書

高句麗【こうくり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高句麗
こうくり
Koguryǒ
朝鮮の古代三国の一つ。7世紀まで中国東北部(旧満州)から朝鮮北部を支配した。高句麗の名称は『漢書』にもみられ,紀元前後には中国の脅威となる勢力であった。初めは佟佳江(とうかこう)流域付近を点とし,しだいに南下してリヤオトン(遼東)半島方面に台頭した公孫氏と衝突を繰り返した。3世紀前半,公孫氏に代わったの将軍毌丘倹により首都丸都城が陥落し,高句麗の発展は一時頓挫した。4世紀初め,遼東方面への進出は前燕に阻止されたが,313年にはによる朝鮮支配の根拠地楽浪郡を併合,この結果,朝鮮半島南西部を支配した古代三国の一つ百済と,百済を支持すると対立することとなった。一時は百済との戦いで国王の故国原王が戦死するなど大きな打撃を受けたが,4世紀末に広開土王が即位して強勢となり,北西では後燕の遼東城を攻,また南下して百済や倭軍を破り,朝鮮半島南東部を支配した古代三国の一つ新羅に朝貢させるなど,半島の過半を制圧した。次代の長寿王丸都城から平壌に遷都してさらに積極策を進め,北西ではリヤオ(遼)河を挟んで北魏との国境とした。広開土王,長寿王,そして次の文咨明王(ぶんしめいおう)の 3代約 130年が高句麗の最盛期であり,中央集権体制も整備された。しかし台頭した新羅が百済と結んで領土の拡大をはかり,6世紀後半以降,新羅との関係は急速に悪化した。一方 581年に中国を統一したに侵攻されたが,突厥と結びこれを防いだ。隋は高句麗遠征の失敗から内乱が起こって滅亡し,隋に代わったも 7世紀前半の太宗の時代に遠征を行なったが,これも退けた。太宗を継いだ高宗は新羅と同盟し,高句麗と結んだ百済を 663年に滅ぼした。次いで内紛に乗じて唐と新羅の連合軍は高句麗を攻撃,668年に平壌は陥落,唐によりこの地に安東都護府が設けられ,直接支配下に置かれた。なお,高句麗の官職制度などは独自のものが多く,百済や新羅のように中国化されることが少なかった。高句麗族は最初は半農半猟の人(はくじん)系で,その始祖を朱蒙(→東明王)ということから扶余とも深い関係があったと推察される。また中国と日本の文献にしばしば「高麗」とも記された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

高句麗
紀元前1世紀から668年まで現在の中国東北地方や朝鮮半島にまたがる地域に存在した古代国家。現在の中国遼寧省や吉林省北朝鮮の平壌に王都があったとされる。唐と新羅の連合軍によって滅ぼされた。ここ数年、中国が高句麗遺跡を世界遺産に登録申請したことや、中朝国境にある白頭山を中国側が長白山という自らの呼び名でのブランド化を進めていることなどが韓国で報道され、この地域をめぐる歴史認識が中韓政府間で焦点となっていた。
(2007-04-03 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こうくり〔カウクリ〕【高句麗/高勾麗】
古代朝鮮の三国の一。紀元前後にツングース系の扶余(ふよ)族の朱蒙(しゅもう)建国。朝鮮半島北部を中心に領土を広げ、4世紀末、広開土王のとき最も栄えた。427年以後平壌に都し、百済(くだら)新羅(しらぎ)抗争。668年、新羅の連合軍に滅ぼされた。高麗(こま)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こくり【高句麗】
こうくり(高句麗)」の音変化。
恐ろしいもののたとえ。元寇(げんこう)のとき、高句麗の兵士が侵害をしたことから出た語で、多くは「むくり」「もくり」などとともに用いる。→蒙古高句麗(むくりこくり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうくり【高句麗 Koguryŏ】
朝鮮古代の国名。前1世紀後半~668年。別名は句麗,高麗,貉,穢貉,貊,狛などと書き,〈こうらい〉〈こま〉ともよぶ。高句麗の建国年次は,《三国史記》によれば前37年のこととし,このころから鴨緑江の支流佟佳江の流域を中心に,小国の連合ないしは統合が行われた。204年に鴨緑江中流の(集)安に都を移し,五族など有力な小国を基盤とした領主的貴族の連合政体の国家を形成した。427年に都を平壌に移し,宮廷貴族の連合政体である五部時代を迎えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくり【高句麗】
「こうくり(高句麗)」の転。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高句麗
こうくり
朝鮮古代の国名(前37ころ~668)。高麗、貊、狛などと書き、「こうらい」「こま」ともよぶ。高句麗地方は古くから北方・西方諸文化受容の窓口であった。紀元前7世紀以降、タガール、スキタイ、オルドスなどの諸文化を受容し、特色ある青銅器文化をつくった。前3世紀の衛氏朝鮮の成立、前108年の漢四郡(朝鮮四郡)の設置により、中国鉄器文化が直接この地域に導入された。前37年ごろから鴨緑江(おうりょくこう)の支流佳江(とうかこう)(渾江(こんこう))の流域を中心に、小国が連合して高句麗を建国した。[井上秀雄]

小国統合時代(前37ころ~204)

前37年ごろの高句麗は、玄莵(げんと)郡の主県になるほど文化的、社会的に発展しており、小国統合の国家段階に達していた。後12年に高句麗王(すう)(東明王にあてる説もある)は王莽(おうもう)の出兵要求を拒否したため、王莽に殺されたが、これを契機に諸民族が反乱を起こし、王莽の新国は滅亡した。高句麗は49年に長駆中国の山西省太原まで進出し、118年以降では(わいばく)、馬韓(ばかん)などを糾合して、玄莵郡、遼東(りょうとう)郡、夫余(ふよ)と戦い、東方諸族の盟主的存在になった。132年には西安平県(中国遼寧(りょうねい)省丹東市)を攻撃し、赴任途上の帯方令を殺し、楽浪(らくろう)太守の妻子を捕らえた。1~2世紀の高句麗は強大で、後漢(ごかん)の遼東、玄莵2郡にしばしば進出した。190年ごろ、遼東太守公孫度(こうそんたく)が後漢王朝の混乱に乗じて自立し、高句麗や烏丸(うがん)を服属させた。[井上秀雄]

五族時代(204~426)

204年に王都が国内城(中国吉林(きつりん)省集安市)に移った。この時代の高句麗は、貴族が旧小国など地方を支配していた。王権が弱く、貴族連合が政権を握っていたが、そのうち有力な5氏族が実権をもっていたので、この時代を五族時代という。中国の三国時代になると、高句麗は遼東の公孫氏に倣って、魏(ぎ)と呉(ご)に両属していたが、魏がこれを嫌い、238年に楽浪、帯方(たいほう)両郡を復興した。244、245両年に高句麗は魏に攻撃され、王都丸都(がんと)城を落とされた。晋(しん)(西晋)の永嘉(えいか)の乱(307~312)に乗じ、311年高句麗は西安平県を奪い、313年に楽浪郡を、翌年帯方郡を滅ぼし、平壌方面に勢力を伸ばした。五胡(ごこ)十六国の戦乱に敗れた中国の知識人が多数高句麗に亡命し、新しい文化をもたらした。339年、342年再度にわたって慕容(ぼようこう)の前燕(ぜんえん)が侵略したが、355年、前燕は政策を改めて、故国原王を営州諸軍事征東大将軍営州刺史(しし)楽浪公高句麗王に冊封した。この冊封は、中国王朝が異民族の外臣に内臣の称号を与えた最初である。371年百済(くだら)軍に平壌城を攻められ、故国原王は戦死した。この後を受けた小獣林王は新文物の導入を図り、372年に順道が、374年に阿道(あどう)が前秦(ぜんしん)から仏教を伝え、372年に大学を建て儒教教育を始め、翌年には法令を公布した。国力を充実した高句麗は、広開土王(好太王)、長寿王(ちょうじゅおう)両代の飛躍的な領土拡大期を迎えた。かくして旧小国の勢力を背景にした貴族連合の五族時代から、中央集権化した貴族連合の五部時代へと発展した。[井上秀雄]

五部時代(427~597)

427年の平壌遷都は高句麗の貴族連合体制を変質させ、地方を基盤とした貴族が宮廷貴族となり、そのなかで強力な貴族が大対盧(だいたいろ)(第一等官職名。貴族会議の議長にあたり、政務の総轄者)になって政権を握った。この時代には王都を5区画に分け、その5部に貴族を分住させたので五部時代という。5世紀の高句麗は、比較的順調に領土を拡大した。475年には百済の王都漢城を攻め落として漢江流域を制圧した。6世紀中葉になると、新羅(しらぎ)が急速に領土を拡大し、漢江流域や日本海岸の高句麗の支配地を奪った。高句麗は初め中国の南北両朝と国交を結んでいたが、480年以後、北魏が南朝との国交を禁じた。高句麗独特の栲(こうろう)峰形式の山城や、居城と山城との組合せは、その後朝鮮全土の村落構造にまで取り入れられた。高句麗寺院の伽藍(がらん)配置や、北魏系といわれる高句麗の仏像形式は、百済や日本に影響を与えた。日本では5世紀前半から高句麗の新文物をかなり受容しているが、正式な国交は570年より始まる。この時期の日本との関係は文化交流が中心で、僧侶(そうりょ)の活躍がとくに注目される。[井上秀雄]

隋・唐との対戦時代(598~668)

581年に隋(ずい)が建国すると、平原王はただちに朝貢したが、一方では隋の侵略に備えた。612年隋が出兵すると、高句麗軍は遼東城(遼寧省遼陽市)の籠城(ろうじょう)戦や乙支文徳(いつしぶんとく)の薩水(さっすい)(清川江)の戦いなどで隋軍を撃退した。その後も高句麗は再三隋軍の侵略を退けた。その後、朝鮮三国の対立がいっそう激化したので、642年に泉蓋蘇文(せんがいそぶん)(淵蓋蘇文(えんがいそぶん))が栄留王たちを殺し、宝臧(蔵)王を擁立して臨戦態勢を整えた。645年以後、高句麗は唐軍の遼東侵略を三度撃退した。661年には新羅・唐連合軍が南方から攻撃し、王都平壌城に迫ったが、これを撃退した。665年に泉蓋蘇文が死去すると、彼の子供たちが対立し、長子男生は翌年唐に降服した。その動揺に乗じて、新羅・唐連合軍は、668年9月王都平壌城を攻略して、宝蔵王を捕らえ、高句麗を滅ぼした。滅亡後も高句麗遺民の復興運動が各地に起こり、698年には大柞栄(だいそえい)が震国(後の渤海(ぼっかい)国)を建国した。高句麗はこの時期にも道教など中国の新文物を受容していた。一方、固有信仰も戦闘の激化に伴い高句麗全土に広まり、民族精神を形成することになった。[井上秀雄]
『李丙著、金思訳『韓国古代史』上下(1979・六興出版) ▽井上秀雄著『古代朝鮮』(NHKブックス) ▽井上秀雄著『変動期の東アジアと日本』(1983・日本書籍) ▽金富軾著、井上秀雄訳注『三国史記2』(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくり【高句麗】
[1] 「こうくり(高句麗)」の変化した語。〔書言字考節用集(1717)〕
[2] 〘名〙 恐ろしいもの、無情・非道なこと、などのたとえ。元寇(げんこう)の役のときに、蒙古とともに襲来した高句麗の兵士が、北九州地方を侵害したところからいう。多く「むくり」「もくり」などとともに用いられる。
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「これは中々天人の子ではないぞ。むくりこくりが卵よ。〈略〉ただ射殺せよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高句麗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高句麗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.