Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

高倉天皇【たかくらてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高倉天皇
たかくらてんのう
[生]応保1(1161).9.3. 京都
[没]養和1(1181).1.14. 京都
第 80代の天皇 (在位 1168~80) 。名は憲仁。後白河天皇の第7皇子。母は平時信の娘,尊称皇太后建春門院滋子。仁安1 (66) 年六条天皇皇太子となり,同3年後白河法皇院政下に即位平清盛の最盛期にあたり,天皇は名目にすぎなかった。しかも院と清盛との対立は激化し,法皇平氏の権を押えようとしたため憤激した清盛は,法皇を鳥羽殿幽閉。清盛の女婿である天皇は深くこれを憂え,治承4 (80) 年中宮建礼門院平徳子所生の安徳天皇譲位,翌年した。をよくしたという。陵墓は京都市東山区清閑寺陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たかくら‐てんのう〔‐テンワウ〕【高倉天皇】
[1161~1181]第80代の天皇。在位1168~1180。後白河天皇の第7皇子。名は憲仁(のりひと)。後白河法皇の院政下に即位し、平清盛の娘徳子(建礼門院)を皇后としたが、法皇と清盛の不和を憂えて安徳天皇に譲位。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

高倉天皇 たかくらてんのう
1161-1181 平安時代後期,第80代天皇。在位1168-80。
永暦(えいりゃく)2年9月3日生まれ。後白河上皇の皇子。母は平滋子(しげこ)(建春門院)。六条天皇が5歳で譲位し,8歳で即位。平清盛が絶大な権力をふるい,後白河上皇との対立がふかまる。治承(じしょう)4年清盛の娘徳子(建礼門院)との間に生まれた3歳の皇子言仁(ときひと)(安徳天皇)に位をゆずった。治承5年1月14日死去。21歳。墓所は後清閑寺陵(のちのせいかんじのみささぎ)(京都市東山区)。諱(いみな)は憲仁(のりひと)。
【格言など】薄霧の立ちまふ山のもみぢ葉はさやかならねどそれとみえけり(「新古今和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たかくらてんのう【高倉天皇】
1161‐81(応保1‐養和1)
第80代に数えられる天皇。在位1168‐80年。名は憲仁(のりひと)。後白河天皇の第7皇子。母は平滋子(建春門院)。1168年(仁安3)六条天皇の譲位を受けて8歳で即位。院政を敷く父法皇と中宮徳子(建礼門院)の父平清盛との対立に悩み,79年(治承3)11月清盛によるクーデタ後まもなく,徳子所生の安徳天皇(3歳)に譲位した。以来,形式上は高倉院政となったが81年1月病没。笛の名手とうたわれた。陵墓は京都市東山区の後清閑寺陵。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

高倉天皇
たかくらてんのう
(1161―1181)

第80代の天皇(在位1168~80)。名は憲仁(のりひと)。後白河(ごしらかわ)天皇の第七皇子。母は平時信(ときのぶ)の女(むすめ)滋子(しげこ)(建春門院(けんしゅんもんいん))。永暦(えいりゃく)2年9月3日誕生。天皇の時代は、平清盛(きよもり)の権勢盛んなときにあたる。1180年(治承4)、天皇は清盛の女徳子(とくこ)の生んだ皇子言仁(ときひと)親王(安徳(あんとく)天皇)に譲位し、清盛の強請によって上皇として最初の社参を安芸(あき)(広島県)の厳島(いつくしま)神社に行った。これは京都近辺の寺院勢力の反平氏連合をもたらし、それはまた以仁王(もちひとおう)の挙兵と諸国の源氏の蜂起(ほうき)をよび、ここに源平争乱の時代が始まった。そのさなか、治承(じしょう)5年1月14日没した。御陵は京都市東山区の後清閑寺(のちのせいかんじ)陵。

[山本博也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

高倉天皇 (たかくらてんのう)
生年月日:1161年9月3日
平安時代後期の第80代の天皇
1181年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たかくら‐てんのう ‥テンワウ【高倉天皇】
第八〇代天皇。後白河天皇第七皇子。名は憲仁(のりひと)。母は建春門院滋子。在位(一一六八‐八〇)中は後白河院政期であり、また、平清盛の全盛時代にもあたり、清盛の息女徳子を皇后とされ、院と清盛の間にあって苦労が多かった。譲位の翌年二一歳で崩御。応保元~養和元年(一一六一‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

高倉天皇
たかくらてんのう
1161〜81
平安末期の天皇(在位1168〜80)
後白河上皇第7皇子で,名は憲仁 (のりひと) 。母は平滋子 (しげこ) (平時忠の妹)。在位中は平清盛の全盛時代で,父後白河と清盛の反目に苦しみ,中宮徳子(清盛の娘)の生んだ安徳天皇に譲位した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高倉天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高倉天皇の関連情報

関連キーワード

世宗応保長寛世宗(金)新熊野神社永暦応保佐藤忠信通志

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.