Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

骨法【コッポウ】

デジタル大辞泉

こっ‐ぽう〔‐パフ〕【骨法】
骨組み。骨格。
根本となる規定。また、基礎となる枠組み。「最新技術の骨法を将来する」
芸道などの急所となる心得。こつ。「師の芸の骨法を会得する」
礼儀や故実の作法。
「礼儀―弁(わきま)へたる者一人(いちにん)もなし」〈平家・一〉
骨法用筆」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こっぽう【骨法 gǔ fǎ】
中国画の用語。5世紀,南斉末の画家謝赫(しやかく)の画の六法の第二則〈法用〉に由来する。謝赫は絵画の骨格を形成するものは用筆すなわち線描だと考えた。これは古代中世の絵画の特質でもあり,線描による明確な輪郭線に,随類賦彩つまり固有色がほどこされた。中唐以降,いわゆる水墨画が成立すると,筆のさまざまなタッチ濃淡の運用で,輪郭線と固有色は否定され,形と色は相対的なものと考えられるようになったが,筆と墨とは楕円の二つの焦点のように,絵画構成の二つの極であり,筆は客観性を,墨は主情的なものをそれぞれ象徴した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こっぽう【骨法】
体の骨組み。骨格。
芸術・芸道などの奥義。こつ。
基本となる規定。また、基礎・基盤。 -を伝へし故/蘭学事始
礼儀作法。 滝口の-わすれじとや/平家 4
中国画の用語。南宋の謝赫しやかくの用いた骨法用筆に由来。六法ろつぽう中の第二位。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こっ‐ぽう ‥パフ【骨法】
〘名〙
① 身体の骨ぐみ。骨格。また、骨相。建造物などにもいう。
※懐風藻(751)大津皇子伝「太子骨法、不是人臣之相」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② 根本となる規定。基本的な法規。また、一般的に、基礎。基盤。
※高野山文書‐観応二年(1351)二月一二日・鞆淵庄下司百姓和談起請置文「於当庄公事法者、准旧領諸庄例、大検注治定以後、細々公事、両方共可骨法
③ 礼儀、故実などの作法。
※明衡往来(11C中か)上末「就中歌舞事已以無骨法
※高野本平家(13C前)四「滝口の骨法(コッハウ)わすれじとや、鷹の羽にてはいだりける的矢一手ぞさしそへたる」
④ 芸術、芸事などの神髄。奥儀(おうぎ)。こつ。風(ふう)
※釈氏往来(12C後)一〇月日「舞童、殊撰定骨法之輩、被献覧哉」
[語誌]本来の漢語の用法では、身体の骨格の意味を表わしたが、そこから転じて、物事の根本を表わすようになった。特に、中世では、③のように故実や礼儀作法の有り様やしきたりを表わしたり、学問や芸道の根本的な技法や優れた勘の働きや神髄を表わしたりした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

骨法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.