Rakuten infoseek

辞書

驪山【リザン】

デジタル大辞泉

り‐ざん【驪山】
《「りさん」とも》中国、西安の東、陝西(せんせい)臨潼県城の東南にある山。標高1302メートル。山麓温泉があり、始皇帝はここでを治療し、玄宗皇帝は楊貴妃のために華清宮(かせいきゅう)を建てた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りざん【驪山 Lí shān】
中国,陝西省中部,渭水平野の南に秦嶺山脈前山としてそびえる山。西安の東,臨潼県城の南東にある。標高約800m。山容が驪(黒い馬)に似ているところから,あるいは周代に驪戎の国があったところから称す。また麗山,酈山とも書く。・周のころ仙女驪山老母がいたところ,周の幽王が愛妾褒姒(ほうじ)の笑顔をみるために烽火をたいて諸侯を集めた所といわれる。北麓には秦の始皇陵もある。特に著名なのは,北西麓の温泉に唐の玄宗が楊貴妃のために建てた宮殿(華清宮)で,今も華清池として西安近郊の有数の保養観光地となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りざん【驪山】
りさんとも 中国、陝西省西安の東にある山。海抜620メートル。麓に温泉があり、古く唐の玄宗が楊貴妃のために離宮を建て華清宮と称した。リーシャン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

驪山
りざん / リーシャン
中国、陝西(せんせい)省中部、渭河(いが)平原の南に、秦嶺(しんれい)山脈の前山としてそびえる山。西安(せいあん)の東25キロメートル、臨潼(りんとう)県城の南にある。最高所は標高1302メートル、東繍嶺(とうしゅうれい)と西繍嶺の2峰がある。美しい風景と周辺にある歴史的遺跡によって、西安付近での有数の観光地となっている。とくに「驪山晩照」は関中八景の一つとされる。山麓(さんろく)には温泉があり、長安に都を置いた歴代の王朝の離宮が設けられたが、唐の玄宗(げんそう)皇帝が楊貴妃(ようきひ)のためにつくったという華清宮(かせいきゅう)は有名である。[秋山元秀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐ざん【驪山】
(「りさん」とも) 中国西安の東北、陝西省臨潼県の東南にある山。ふもとに温泉が湧き、唐の玄宗が離宮を建てて温泉宮とし、のち華清宮と改めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

驪山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

驪山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.