Rakuten infoseek

辞書

騒動【ソウドウ】

デジタル大辞泉

そう‐どう〔サウ‐〕【騒動】
多人数が騒ぎたてて秩序が乱れること。また、そのような事件や事態。「騒動を起こす」
もめごと。争い。「お家―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうどう【騒動】
スル
事件や事変が起こって、大ぜいの人々が、落ち着かずにざわめいたり、統制が乱れたりすること。また、そのざわめきや乱れ。 夜中二時と覚しき頃ろ船中俄に-す/浮城物語 竜渓
(世間を騒がせるような)大きなもめごと。争い。 お家- 米-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐どう サウ‥【騒動】
〘名〙
① (━する) 大ぜいの人々がさわぎたてること。乱れさわぐこと。
※日本後紀‐大同五年(810)九月一〇日「縁遷都事、人心騒動」
※今昔(1120頃か)二五「大きに兵を発(おこ)して責め来るに、国の内騒動して、不靡(なびかず)と云事なし」 〔孫子‐用間〕
② (━する) 事変がおこること。天災など、非常の事態がおこること。
※香取文書‐文治二年(1186)六月日・摂政〈藤原兼実〉家政所下文「天下騒動出来畢」
③ (━する) 大きなもめごとがおこること。争い。
※石山寺所蔵虚空蔵念誦次第裏文書‐康保三年(966)三月一七日・藤原忠平解「方今謹案事情、公忠宿衛騒動之時、無犯之由、公家是所知食也」
※随筆・胆大小心録(1808)六二「是皆つしまの家老平田将監と云ふ人の欲心から出来たさう動じゃとさ」
④ 江戸時代、文化(一八〇四‐一八)から幕末へかけての流行語。大変、おおごと、一大事の意で用いた。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

騒動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

騒動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.