Rakuten infoseek

辞書

駿河湾【するがわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

駿河湾
するがわん
静岡県東部,伊豆半島南端の石廊崎と西の御前崎とを結ぶ線以北の湾。湾東部の伊豆半島西岸は屈曲の多い岩石海岸。北岸と西岸は比較的平坦な砂浜海岸であるが,有度山東方の三保の松原がその平坦さを破っている。狩野川富士川安倍川大井川などが流入する。最深部は 2000mをこすが,西岸の相良沖合いには石花海 (せのうみ) の浅堆がある。東岸を黒潮の一部が流れ,伊豆半島西海岸でおもに沿岸漁業が行われる。北岸の富士山麓 (岳南地域) は製紙を中心として発展した工業地域で,北西岸の静岡,清水地域とともに工業活動が盛ん。南西岸の焼津,御前崎は遠洋漁業の基地。一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

するが‐わん【駿河湾】
静岡県東部の湾。伊豆半島石廊崎(いろうざき)と西は御前崎とを結ぶ線で囲まれる海域。好漁場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

するがわん【駿河湾】
静岡県伊豆半島南端の石廊(いろう)崎と西方の御前崎とを結ぶ線でかこまれた,北方に湾入した海域。開口部では東西約55km,南北は約60kmに達する。湾東部は伊豆半島西海岸に接し,湾奥から湾西部にかけては狩野(かの)川,富士川,安倍川,大井川などの河川が流入する。海底地形に特色をもち,大陸棚は湾西部に発達し,安倍川沖で約5kmであるが,御前崎沖では約9kmと,南にいくほど広くなる。しかし湾奥部では内浦湾を除くと発達が悪く,湾東部の伊豆西岸にそっては急傾斜の大陸斜面をもって深度を増している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

するがわん【駿河湾】
静岡県中部の湾。石廊崎いろうざきと御前崎おまえざきを結ぶ線を南限とする。漁場に富む。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔静岡県〕駿河湾(するがわん)

静岡県の伊豆(いず)半島に抱かれた湾。伊豆半島南端の石廊(いろう)崎と約55km西の御前(おまえ)崎を結ぶ線から北に約60km湾入する。中央部を南北に延びる水深1000~2400mの海底谷(駿河トラフ)はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界とされる。湾口の西寄りに石花海(せのうみ)の浅堆(せんたい)がある。湾奥部に千本(せんぼん)松原・田子(たご)の浦の砂浜海岸、北西部に国指定名勝の三保(みほ)の松原の砂嘴(さし)に抱かれ特定重要港湾清水港がある。湾内は黒潮の分流に洗われ、アジ・サバ・イワシなどの外洋性の魚や特産のサクラエビ・タカアシガニを水揚げする。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

駿河湾
するがわん
中部地方太平洋岸にみられる湾入部。東側の伊豆半島南端の石廊崎(いろうざき)と西側の御前崎(おまえざき)とを結ぶ線で囲まれる海域。三保(みほ)分岐砂嘴(さし)による清水(しみず)港、伊豆半島の江浦(えのうら)湾、内浦湾、戸田(へだ)などの小湾がある。湾奥部には田子ノ浦砂丘が発達する。海底地形をみると、富士川河口から南に延びる駿河トラフとよばれる溝状の深部がある。湾口部では水深2500メートルに達し、遠州灘(えんしゅうなだ)の南海舟状海盆に続くプレートの境界とも考えられている。駿河トラフの東側は急傾斜の大陸斜面をもち、西側は大陸棚や石花海(せのうみ)とよばれる砂礫(されき)層をのせる浅堆(せんたい)もみられ、好漁場となっている。黒潮の分流が湾内を還流するために外洋性海域の性質ももち、ブリ、サバ、カツオの漁獲が多く、特産にサクラエビ、タカアシガニ、テングサなどがあり、遠洋漁業の基地焼津(やいづ)をはじめ漁港も多い。伊豆半島沿岸の津波、湾奥部の吉原海岸の高潮、静岡久能(くのう)海岸の海岸侵食など海岸災害もみられ、築堤による海岸の人工化も進行している。[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

するが‐わん【駿河湾】
静岡県南東部の湾。石廊崎(いろうざき)と御前崎とを結ぶ線を湾口とし、湾内西寄りには水深一〇〇メートル未満の石花海(せのうみ)と称する浅堆があり、アジ、サバ、カツオなどの好漁場。清水、焼津(やいづ)などの良港がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駿河湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駿河湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.