Rakuten infoseek

辞書

駒下駄【コマゲタ】

デジタル大辞泉

こま‐げた【駒下駄】
台もも一つのを刳(く)って作った下駄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こまげた【駒下駄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こまげた【駒下駄】
一つの材から台と歯をくりぬいて仕立てた下駄。もとは馬の爪形であった。男女ともに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

駒下駄
こまげた
下駄の一種。差歯(さしば)下駄ではなく、くりぬき下駄をいう。材料は手近にある杉、朴(ほお)、山桐(やまぎり)などで、自家製品が多かったが、のち商品化して軽い桐を用いた。鼻緒の臍(ほぞ)位置は関東では後歯の前、関西では後歯の後ろにあける。当初の下駄は馬下駄とよんだが、17世紀後半から駒下駄というようになった。江戸時代中期から末期にかけて、ぽっくり、芝翫(しかん)下駄、堂島下駄、羽根虫、引付(ひきつけ)、中折(なかおり)などの種類ができた。駒下駄に差歯をしたものを日和(ひより)下駄と称し、江戸下町の女性の間に人気があった。[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こま‐げた【駒下駄】
〘名〙
① 履物の一種。台、歯ともに一つの木材から刳(く)ってつくったもの。もと、その刳り方が駒爪形であったところからいう。桐、杉などでつくられ、台に畳をつけたものや、木地を塗ったものなどがある。下駄。
※浄瑠璃・根元曾我(1698頃)二「姫君はこづまかいとり、こまげたに、雪ふみわけてはしり出」
② 「こまげたむすび(駒下駄結)」の略。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒下駄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駒下駄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.