Rakuten infoseek

辞書

駅/駅家【ウマヤ】

デジタル大辞泉

うま‐や【駅/駅家】
律令制で、諸道の30里(約16キロ)ごとに置かれた施設。駅馬を置き、駅使に食料・人馬を供する駅長駅子(えきし)がいた。財源として駅田が給与された。えき。→駅(えき)駅制

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えき【駅】
列車を止めて、乗客の乗降、貨物の積み降ろしをする所。停車場。
律令制で、官道に設けての使いのために人馬の継ぎかえや宿舎食糧などを提供した所。うまや。
[補説]明治初年に鉄道が敷かれた時は新橋ステーションといい、以後新橋停車場、新橋駅へと変わった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えき【駅〔驛〕】[漢字項目]
[音]エキ(漢) [訓]うまや
学習漢字]3年
宿場。馬継ぎ場。「駅逓駅伝駅路宿駅
電車・列車などの発着する所。「駅員駅長駅頭/各駅・着駅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はいま【駅/駅馬】
はゆま」の音変化。
「筑紫の国より―に乗りて来(まうき)て言(まう)さく」〈皇極紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

森村誠一の長編ミステリー。1987年刊行。牛尾刑事シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えき【駅】
古代,中世においては,交通制度の一つの形態である駅伝の制にもとづいて街道に置かれた人馬の乗継所をさす(駅伝制)。これに対し,現代の駅は,主として鉄道の営業線において,列車を停車させて旅客荷物貨物の取扱いを行う場所または施設をさす。本項では,この現代の駅について記述する。
定義
 普通鉄道構造規則(運輸省令)により,停車場とは,駅,操車場,信号場をいう,と定められており(停車場),駅とは列車を止めて旅客,貨物を取り扱うために設けられた場所,と定められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うまや【駅】
律令制で、中央と地方との連絡のため街道筋の30里(約16キロメートル)ごとに置かれた設備。馬・人夫をそろえ旅人の便をはかった。
律令制で、駅の建物。駅館。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えき【駅】
汽車・電車などが停車し、旅客の乗降、貨物の輸送を取り扱う場所。また、その建物。停車場。
律令制で、街道に設けられ、宿泊施設・馬・舟・人夫その他を供給した場所。うまや。 → 駅制

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うま‐や【駅】
〘名〙 (「馬屋」の意から) 令制で、中央政府と地方諸国の連絡のために、諸道に三〇里(現在の四里=約一六キロメートル)ごとに置かれた設備。駅馬を置き、財源として駅田が与えられ、それらの管理のために、駅長や駅子がいた。えき。
※書紀(720)天武元年六月(北野本訓)「隠(なばり)の郡(こほり)に到りて隠の駅家(ムマヤ)を焚く」
※枕(10C終)二四二「むまやは 梨原。望月のむまや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えき【駅】
〘名〙
① 令制で、官道に設置された宿場官人のために駅家(えきか)が人馬を継ぎ立て、宿舎、食料を供した。鎌倉以降衰え、代わって宿(しゅく)が発生した。うまや。うまつぎ。〔令義解(718)〕
② 鉄道の停車場。列車を停止させ、旅客、貨物を取り扱う場所。
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)七「汽車が来る。駅(エキ)の名呼ぶ声。とびらのあく音」
[語誌]②について、明治のはじめには、「ステーション(ステンショ)」「停車場(ていしゃば・ていしゃじょう)」が①の旧来の駅と区別して使われたが、しだいに音節数の少ない「駅」が一般的になる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま‐や【駅】
〘名〙 ⇒うまや(駅)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駅/駅家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

駅/駅家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.