Rakuten infoseek

辞書

【ウマ】

デジタル大辞泉

うま【馬】
《「馬」の字音「マ」から変化したものという。平安時代以降「むま」と表記されることが多い》
奇蹄(きてい)目ウマ科の哺乳類。体は一般に大形で、顔が長く、たてがみがあり、長い毛の尾がある。力強く、走ることが速い。古くから家畜とされ、農耕・運送・乗用・競馬などに用いられ、肉は食用。東洋種の蒙古馬(もうこうま)・朝鮮馬、日本在来種の木曽馬・北海道和種西洋種アラブアラビア馬)・サラブレッドペルシュロンなどがある。こま。
踏み台。脚立(きゃたつ)。
競馬。
将棋で、桂馬または成角(なりかく)の略称。
《「付け馬」の略》料理屋などで、勘定の未払いを取り立てるために客の家までついて行く者。
動植物などの同類の中で、大きなものの意を表す語。「すげ」「ぜみ」
[補説]作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ば【馬】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま【馬】
うま。
「青の―放れば取りつなげ」〈催馬楽・青馬〉
[補説]現代では、「絵馬」「馬屋(まや)」のように複合語として用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま【馬】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま【馬】
うま

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め【馬】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うま【馬】[映画]
山本嘉次郎監督による映画の題名。昭和16年(1941)公開。チーフ助監督として黒沢明が参加。東北の農村を舞台に、馬を育てる少女を姿をドキュメンタリータッチで描く。出演、高峰秀子、藤原鶏太ほか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うま【馬】
〔「馬」の字音「マ」に基づいてできた語〕
奇蹄目ウマ科の哺乳類。肩高1.2~1.7メートル。長い顔とたてがみをもつ。走ることが速く、力も強い。毛色はさまざま。草食。モウコウマを起源にもつとされ、軍用・役用として古くから家畜化された。日本では農耕・運搬・乗用などに使ったが、今日では主に競走用・乗馬用に飼育される。皮・骨・尾の毛なども利用する。むま。こま。
四方に脚部があり、上に乗れるようになった道具。脚立きやたつ・踏み台など。
競馬。
将棋で、桂馬および角行の成り駒の竜馬の称。
木製の脚つき台にしんを張り、布で覆ったアイロン台。ジャケットの袖や肩の仕上げに用いる。仕上げ馬。
双六すごろくの駒。 「 -おりぬ双六/枕草子 139
遊興費・飲食費の不足額を取り立てに客の家までついていく者。つけうま。 「 -を引いて朝帰り」
(動植物の名などの上に付けて)同類の中での大きなものの意を表す。 「 -虻あぶ」 「 -すげ」 〔中古以降、「むま」と表記された例が多い〕 → こま

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま【馬】
うま。 「竜の-を我あれは求めむあをによし奈良の都に来む人のたに/万葉集 808

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま【馬】
うま(馬)」に同じ。 「 -の爪筑紫の崎に留まり居て/万葉集 4372

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

馬 (ウマ)
学名:Equus caballus
動物。ウマ科の哺乳動物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うま【馬】
[1] 〘名〙 (「馬」の字音「マ」の転じたものという。平安以降、「むま」と表記した例が多い)
① ウマ科の家畜。体高一・二~一・七メートルぐらい。首は長く、まえがみとたてがみがあり、尾は長毛で覆われ、草食性で臼歯(きゅうし)が発達している。体毛は褐色、黒色、赤褐色、白色などで、古くから鹿毛(かげ)、青毛、栗毛、葦毛(あしげ)などと呼ばれる。ヨーロッパ、アジアの原産で、世界各地で家畜として飼育。品種はアラブ、サラブレッドなど数十種あり、日本産のものでは、南部馬、三春馬(みはるうま)、最上馬、仙台馬などが知られていたが、現在なお、在来種の面影を保っているのは、木曾馬、御崎馬(みさきうま)などだけである。農耕、運搬、乗馬、競馬などに用いられるほか、肉は食用、皮は革製品にされる。こま。
※書紀(720)推古二〇年正月・歌謡「宇摩(ウマ)ならば ひむかの駒」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「我がむまをば奉りて、御供に」
② (座興、または芝居として) 馬のまねごとをすること。また、その役。
※台記‐久安六年(1150)二月一四日「上御女御廬遊戯、余為馬、上乗之、上為馬、女御乗之」
※咄本・鹿の巻筆(1686)三「はじめての役者なれば、人らしき芸はならず、きり狂言の馬になりて」
③ 馬をかたどったり、馬の名称を用いたりした玩具、遊戯用具や道具。
(イ) 馬の形に似せて作った玩具。木馬などをはじめ、その種類はきわめて多い。
(ロ) 踏み台や脚立の俗称。
(ハ) 体操用具の一つで鞍馬(あんば)のこと。
(ニ) すごろくのこま。
※枕(10C終)一三九「所避(さ)りたる物忌・むまおりぬ双六」
(ホ) 将棋のこまで、桂馬または、成角(なりかく)(=龍馬)の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
(ヘ) 天正カルタ、ウンスンカルタ、めくりカルタの組み札の一つで、騎馬の絵があるもの。
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「馬四枚は文殊、普賢、観音、勢至」
④ 紋所の名称の一つ。馬にかたどったもの。放馬(はなれうま)、羈馬(つなぎうま)などがある。
⑤ 馬に似ていたり、馬を連想させたりするもの。
(イ) (馬のように大きいという意から) 姿や形が大きすぎるもの。
※雑俳・柳多留‐七(1772)「馬ほどななりでおどり子よばりなり」
(ロ) 大きな男根、また、その所有者をいう隠語。
(ハ) 遊女。
※浮世草子・好色伊勢物語(1686)三「一説に女郎のゐめうを馬といふ、心は人をのせてすくるといふ事也とぞ」
(ニ) (馬の腹帯に似ているところから) 月経時に用いる丁字形の帯。転じて、月経。おうま。
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「二の午は娘勝手をよく覚え」
⑥ 遊女屋、料理屋などで、勘定不足または不払いの代金を取り立てるために客について行く者。つけうま。つきうま。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「借豆をくった跡から馬かつき」
⑦ 「うまおい(馬追)②」の略。
※俳諧・炭俵(1694)下「上(うは)をきの干葉刻(きざむ)もうはの空〈野坡〉 馬に出ぬ日は内で恋する〈芭蕉〉」
⑧ 競馬(けいば)をいう。
※冬の宿(1936)〈阿部知二〉一四「馬には勝って金はあるからこの前の借金は払ふのだし」
[2] 〘接頭〙 動植物などで、同種類のもののうち大きなものを表わす語。「うまびる」「うまうど」「うまぜり」
[語誌]神馬として神社に奉納されたり、競馬により豊凶を占ったりする神聖な動物であると同時に、軍事・交通・農耕などの面にわたって実用的な動物でもある。年中行事にも「白馬の節会」「駒牽き」「競べ馬」「駒迎え」など馬が登場するものが多く見られる。鎌倉から室町時代にかけては「流鏑馬」「笠懸け」「犬追物」というような弓馬の術が栄えた。中古以降、歌語は「こま」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おま【馬】
〘名〙 「うま(馬)」の変化した語。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「コリヤア下町(したまち)のさか屋のおまよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま【馬】
〘名〙 馬(うま)
催馬楽(7C後‐8C)青馬「青の馬放れば取り繋げさ青の万(マ)放れば取り繋げ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま【馬】
〘名〙
② 将棋で、駒の古称
※御湯殿上日記‐文祿四年(1595)五月五日「しやうきのむまわうしやうをあらためて、大しやうになされ候へのよし申さるる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め【馬】
〘名〙 うま(馬)。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「象、馬(メ)(〈注〉ムマ)、車乗、牛、羊、無数なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬の関連情報

他サービスで検索

「馬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.