Rakuten infoseek

辞書

馬酔木【あしび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

馬酔木
あしび
短歌雑誌。 1903年6月~08年1月。根岸短歌会発行。通巻 32冊。正岡子規の死後,その門下機関誌として伊藤左千夫主唱で始められた。香取秀真 (ほつま) ,岡麓,蕨真 (けっしん) ,長塚節 (たかし) ,森田義郎,平子鐸嶺,安江秋水,結城素明らが左千夫とともに初期の編集同人。斎藤茂吉古泉千樫島木赤彦,石原純,中村憲吉らを育てた。子規の写生道と万葉主義を受継いだが,次第に同人が減って衰弱したので,左千夫は『アララギ』を創刊 (1909) して中心を移した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬酔木
あしび
俳句雑誌。 1928年7月創刊。長谷川かな女,池内たかしらの指導による『破魔弓』 (1922年4月創刊) を改題したもので,29年より水原秋桜子が主宰。同誌に秋桜子が『自然の真と文芸上の真』 (31) を掲げて主観の強調,情感の流露を主張して以後,客観写生をよしとする高浜虚子らの『ホトトギス』派と対立,これが新興俳句運動の契機となって 35年山口誓子の参加を呼び,石田波郷加藤楸邨 (しゅうそん) ,高屋窓秋石橋辰之助橋本多佳子滝春一,加藤かけいらが輩出した。しかし,有を堅持して唯美的傾向へ進んだのを不満として誓子以下はいずれも離脱。のちに篠田梯二郎,軽部烏頭子のほか,波郷が石塚友二,石川桂郎らを伴って復帰,有季定型を守る自然諷詠の性格を明らかにしつつ現在も俳壇に重きをなしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしび【馬木】
アセビ別名 春》
[補説]書名別項。→馬酔木

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あしび【馬酔木】[書名]
短歌雑誌。明治36年(1903)創刊。明治41年(1908)廃刊。伊藤左千夫編集。正岡子規没後の根岸短歌会の機関誌。→アララギ
俳句雑誌。昭和3年(1928)「破魔弓(はまゆみ)」を改題して創刊。水原秋桜子主宰。山口誓子加藤楸邨(しゅうそん)石田波郷らが参加。新興俳句運動の口火を切った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせび【馬木】
ツツジ科の常緑低木。乾燥した山地に自生。早春、多数の白い壺(つぼ)形の花が総状につく。有毒。葉をせんじて殺虫剤にする。「馬酔木」は、馬がこの葉を食べると脚がしびれて動けなくなるのによる。どくしば。あしび。あしみ。あせみ。あせぼ。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせぼ【馬木】
アセビの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせみ【馬木】
アセビの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばすい‐ぼく【馬酔木】
アセビの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしび【馬酔木】
(1)明治時代の短歌雑誌。1903年(明治36)6月創刊,08年1月終刊。第4巻3号まで全32冊。正岡子規の没後根岸短歌会の機関誌として門下が創刊。編集同人として伊藤左千夫,長塚節,岡麓などが名をつらねたが,実質的には発行所を自宅におく左千夫が中心であった。子規の遺業をうけて写実と万葉主義とを主唱,それは島木赤彦,斎藤茂吉,古泉千樫ら新人層により,大正期の《アララギ》で大きな結実を見せた。あとは《アカネ》にひきつがれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あしび【馬酔木】
アセビの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あしび【馬酔木】
短歌雑誌。1903年(明治36)創刊、1908年廃刊。伊藤左千夫中心の根岸短歌会の雑誌。長塚節・島木赤彦・斎藤茂吉らが寄稿。万葉調の歌風を樹立。「アカネ」「アララギ」へと継承された。
俳句雑誌。水原秋桜子が、自ら主宰する「破魔弓はまゆみ」を1928年(昭和3)に改題したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせび【馬酔木】
ツツジ科の常緑の大形低木。関東以西の山野に自生し、庭木ともする。早春、壺形つぼがたの白い小花を枝先に総状に多数つける。有毒で、馬が食べると麻酔状態になるというので「馬酔木」と書く。葉は殺虫剤に、材は細工物にする。アセボ。アシビ。アセミ。アシミ。 〔「馬酔木の花」は [季] 春〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせぼ【馬酔木】
アセビの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせみ【馬酔木】
アセビの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばすいぼく【馬酔木】
アセビに当てた「馬酔木」の字を音読みにした語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

馬酔木 (アセビ・アシミ;アセブ;アセボ;アセボノキ;アセミ;アセモ;バスイボク)
学名:Pieris japonica
植物。ツツジ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あしび【馬酔木】
[1] 〘名〙 =あせび(馬酔木)あしびなす。《季・春》
※万葉(8C後)二〇・四五一二「池水に影さへ見えて咲きにほふ安之婢(アシビ)の花を袖にこきれな」
[2]
[一] 伊藤左千夫を中心とする短歌雑誌。明治三六年(一九〇三)創刊、同四一年廃刊。正岡子規没後の根岸短歌会の機関誌として刊行。
[二] 水原秋桜子が主宰した俳句雑誌。大正一一年(一九二二)創刊の「破魔弓(はまゆみ)」を昭和三年(一九二八)改題。ホトトギス派の客観写生に対して、清新な叙情性を主張した。秋桜子亡きあと、堀口星眠・杉山岳陽・水原春郎らの代選・共選期を経て、平成二年(一九九〇)より水原春郎が主宰として継承。
[語誌]万葉集に「馬酔木」「馬酔」などと表記し、多く春に山地に咲く花がよまれるが、その盛んなさまが恋の思いを刺激したらしく、単なる景物にとどまらない、枕詞(→あしびなす)や序詞としての用法も発達した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせび【馬酔木】
〘名〙 ツツジ科の常緑低木。本州・四国・九州の山地の乾燥した所に自生する。高さ約三メートル。葉はやや厚く、長さ三~八センチメートル、幅一~二センチメートルで先がとがり、縁には細かい鋸歯(きょし)がある。早春下垂する白いつぼ形の花が多数総状に咲く。実は扁球形のさやとなる。葉は有毒で殺虫剤に、材は挽物細工(ひきものざいく)などにする。あしび。あしぶ。あせぶ。あせぼ。あせぼしば。あせぼのき。あせみ。あせも。うまくわず。しかくわず。《季・春》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせぶ【馬酔木】
〘名〙 植物「あせび(馬酔木)」の異名。〔明応本節用集(1496)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせぼ【馬酔木】
〘名〙 植物「あせび(馬酔木)」の異名。
※伊京集(室町)「馬酔木 アセボ 馬食此葉則死也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせみ【馬酔木】
〘名〙 (「あぜみ」とも) 植物「あせび(馬酔木)」の異名。《季・春》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あせも【馬酔木】
〘名〙 植物「あせび(馬酔木)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばすい‐ぼく【馬酔木】
〘名〙 (馬がこの葉を食べると酔ったように苦しむからという) 植物「あせび(馬酔木)」の異名。〔薬品手引草(1778)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬酔木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

馬酔木の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイトオブレノビチ家ロシア映画プラット修正ボストン・レッドソックスフォト・セセッションキュリー映画館

他サービスで検索

「馬酔木」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.