Rakuten infoseek

辞書

香登【かがと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

香登
かがと
岡山県南東部,備前市西部の地区。旧町名。 1971年合体により備前市となる。中世の香登荘の地で,江戸時代は旧山陽道の宿場町として発展。北側に熊山,南側に低湿な水田地帯がある。熊山山頂には鑑真和上開基の霊山寺があり,戒壇が残る。丸山古墳 (史跡) からは三十余の古鏡や多くの副葬品が発掘された。熊山山腹からは延喜年間 (901~923) の窯跡が発見され,古代須恵器と後代の備前焼をつなぐものとして重要。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香登」の用語解説はコトバンクが提供しています。

香登の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.