Rakuten infoseek

辞書

首尾【シュビ】

デジタル大辞泉

しゅ‐び【首尾】
[名](スル)《首と尾、頭と尾の意から》
始めと終わり。始めから終わりまで。終始。「首尾を整える」
物事の成り行きや結果。「事の首尾を説明する」「首尾は上々」
物事がうまくまとまるように処理すること。「会えるようにうまく首尾してやる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅび【首尾】
スル
始めと終わり。始めから終わりまで。 文の-を整える
物事のなりゆき・結果。顚末てんまつ上々の-だ
物事をうまく処理すること。 ひとの目褄忍びて逢ふ瀬-するに/いさなとり 露伴
折り。機会。 さいわひ只今は人もなく、よき-にて候まま/咄本・露が咄
俳諧で、百韻と歌仙のそれぞれ表(首)と名残の裏(尾)の句数を合わせた形式であることから 一六句(表八句・裏八句)・一二句(表六句・裏六句)の連句のこと。首尾行。
[句項目] 首尾よく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐び【首尾】
〘名〙
① 頭と。頭部と尾部。また、首脳部とそれに従うもの。
※経国集(827)一三・重陽節得秋虹応製〈橘常主〉「首尾分形浮殿閣、雌雄半体跨池塘
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「信西盛義朝が計に随ひける間、首尾(シュビ)相応して終に泰平をいたしき」 〔戦国策‐魏策上・哀王〕
② 始めと終わり。前と後。始めから終わりまで。終始。前後。
※続日本紀‐宝亀五年(774)八月辛卯「天皇以其軽論軍興首尾異計、下勅深譴責之
※日葡辞書(1603‐04)「コノ コトノ xubiuo(シュビヲ) シッタカ」 〔漢書‐芸文志〕
③ 事のなりゆき。具合。事情。事の顛末(てんまつ)。結果。
※玉葉‐承安二年(1172)七月七日「近世事不首尾
※浮世草子・好色五人女(1686)三「いやこなたのお内儀はと尋けるに首尾(シュビ)あしく返事のしてもなし」
④ (━する) 物事をうまい具合に処理すること。また、都合よく物事が結了すること。
※三体詩素隠抄(1622)三「三四より以下に、起句ほどに、奇健なる句が、一聯あるならば、首尾して、唱ふる時に其曲調が、相応すべけれども」
※縮図(1941)〈徳田秋声〉裏木戸「私がそのうち巧く首尾してあげるから」 〔後漢書‐孔安国伝〕
⑤ 機会。折り。
※浄瑠璃・世継曾我(1683)風流の舞「つづらを急ぐ賤男が、駕籠の簾に手をかけて又の御しゅびといふこともあり」
⑥ 男女の情交。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「三人同し枕をならべなから、下卑て首尾(シュビ)するわけもなく」
⑦ 連歌、俳諧の懐紙式の一種。一折りの懐紙の表に八句、裏に八句を書き付けて計一六句とし、または、表に六句、裏に六句を書き付けて計一二句として一巻となすもの。前者は四枚懐紙を用いる百韻の首尾にあたり、後者は二枚懐紙を用いる歌仙形式の首尾にあたる。首尾行。〔俳諧・俳諧古今抄(1730)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首尾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

首尾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.