Rakuten infoseek

辞書

養老の滝【ヨウロウノタキ】

デジタル大辞泉

ようろう‐の‐たき〔ヤウラウ‐〕【養老の滝】
岐阜県南西部、養老山地北部の東麓の断層崖にかかる。高さ約32メートル。昔、源丞内(げんじょうない)が湧き出るを見つけ、であったので老父を養い喜ばせることができたという伝説の地で、元正天皇が行幸して命名し、年号養老と改めたという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

養老の滝
古典落語の演目のひとつ。「酒」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養老の滝
△岐阜県養老郡養老町▽にある滝。落差32メートル、幅4メートル。名称は、孝行息子が老父のために汲んだ湧水が酒に変わったという「養老孝子伝説」にちなむ。周辺は公園として整備されている。1990年、日本の滝100選に選定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ようろうのたき【養老の滝】
岐阜県養老町、養老山地の断層崖にかかる滝。高さ約32メートル。老父によく孝養を尽くす孝子のため、神が泉の水を酒に変えたという伝説の地。元正天皇はこの故事の地をたずね、年号を養老と改元。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

養老の滝
ようろうのたき
孝子が山で酒の泉を発見したという伝説。元正(げんしょう)天皇のとき、美濃(みの)国(岐阜県)に貧しい父子が住んでいた。老父はことのほか酒を愛し、しきりに欲しがった。あるとき、孝子が山で足をとられて転んだところ、その石の間から泉が湧(わ)き出ていた。なめると酒なので、それをくみ、老父を養い喜ばせた。この話を聞いた天皇は、当地に行幸され、孝心にめでて孝子を美濃守(かみ)に任じ、養老の滝と命名し、年号を養老と改めた。この説話は『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』巻8、『十訓抄(じっきんしょう)』巻六にあり、謡曲『養老』にも脚色されている。現在の養老山には養老神社や養老寺があり、『養老寺縁起』では孝子の名を源丞内(げんじょうない)としている。これに類似する伝説は「子は清水」として全国に伝承され、親が飲むと酒で、子が飲むとただの水という型が多い。社寺にかならず泉があるように、泉はつねに信仰の対象であった。それが酒になったり孝子泉にかわるのも、霊泉に対する希少価値とその信仰や、その水から酒を醸したからである。[渡邊昭五]
『『孝子泉の伝説』(『定本柳田国男集7』所収・1963・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

養老の滝
(岐阜県養老郡養老町)
ぎふ百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養老の滝
(岐阜県養老郡養老町)
日本二十五勝」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養老の滝
(岐阜県養老郡養老町)
日本の滝百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようろう【養老】 の 滝(たき)
[一] 美濃国(岐阜県)の孝子が山で酒の泉を発見する伝説。
[二] 岐阜県南西端、養老山地の断層崖にかかる滝。奈良時代、種々の病気に効験のある醴泉(れいせん)が湧き出たというので、元正天皇が行幸し、年号も改めたと伝える。付近に養老神社・養老寺がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

養老の滝
(通称)
ようろうのたき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
蝉丸養老滝
初演
享保6.11(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養老の滝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

養老の滝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.