Rakuten infoseek

辞書

飽和溶液【ほうわようえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飽和溶液
ほうわようえき
saturated solution
ある一定温度溶質溶媒に溶かし続けて,溶液がある一定濃度に達してそれ以上溶質が溶けなくなったとき,この溶飽和溶液という。この場合,未溶解の溶質と溶液とは平衡状態にある。このときの溶液の濃度をその温度における溶解度という。溶液は場合により過飽和状態,すなわち溶解度以上に溶質を溶かした準安定な状態となることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうわ‐ようえき〔ハウワ‐〕【飽和溶液】
ある温度である量の溶媒に溶質を溶かしていき、それ以上溶けない状態に達した溶液。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

飽和溶液
 ある条件のもとで,溶媒が溶かすことのできる最大量の溶質を溶かした液.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうわようえき【飽和溶液 saturated solution】
溶液と溶解していない溶質(たとえば結晶)が共存し,溶液中の溶質と未溶解の溶質の間に溶解平衡が成り立っているとき,溶液の濃度は,定温,定において一定の値を示し,それ以上の濃度にはならない。この溶液を飽和溶液といい,そのときの溶質の濃度を溶解度という。溶質が気体の場合には,飽和溶液の濃度は圧の影響をとくに受ける。たとえばビール瓶のを抜くと気泡が激しく発生することでもわかる。溶質が液体の場合には,溶解の限度がなく,たとえば水とエチルアルコールのように任意の割合で溶け合うことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうわようえき【飽和溶液】
ある温度において、溶媒に溶けるだけの溶質を溶かし、それ以上は溶けないという状態となった溶液。この濃度が、その物質の溶解度となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飽和溶液
ほうわようえき
saturated solution
溶液が遊離の溶質(液底体など)と平衡に存在しているときには、溶液中の溶質濃度は一定となる。この状態を飽和というが、この一定濃度の溶液が飽和溶液である。飽和溶液の濃度は、溶媒に対する溶質の溶解度によって定まる。常温における飽和食塩水はほぼ26%の食塩を含む。溶解度は(100グラムの水に対し)36グラムであるから、簡単に計算で飽和濃度が得られる。ときとして、飽和濃度以上に溶質を含む溶液をつくれるが、これは過飽和溶液といい、熱力学的に安定な状態ではなく、準安定状態である。なんらかの刺激によって溶質の過剰分を析出して飽和溶液となりやすい。[山崎 昶]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうわ‐ようえき ハウワ‥【飽和溶液】
〘名〙 ある温度、圧力において溶媒に溶けるだけの溶質を溶かし、もはやそれ以上は溶けない状態の溶液。
※写真鏡図説(1867‐68)〈柳河春三訳〉二「没食酸の飽和溶液(〈注〉トケルダケトカシタルモノ)五匁」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

飽和溶液
ホウワヨウエキ
saturated solution

溶液にさらに溶質を加えても,これ以上溶解が進まないような状態になり,そのなかにまだ溶けきれないで遊離している溶質と溶液との間に,安定な平衡が成り立っているような溶液をいう.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飽和溶液」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飽和溶液の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.