Rakuten infoseek

辞書

飲食【インショク】

デジタル大辞泉

いん‐しょく【飲食】
[名](スル)飲むことと食べること。のみくい。また、飲み物と食べ物。「検診の前に飲食しないように」「飲食店」「飲食物」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐じき【飲食】
飲むことと食べること。飲み物と食べ物。いんしょく。
「下物は極楽の―乃至(ないし)は北鬱単越(ほくうつたんおつ)の香廚(こうちゅう)より掠(かす)め来らせましたる」〈露伴・新浦島〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんしょく【飲食】
スル
飲んだり食べたりすること。のみくい。 無銭- 過度に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんじき【飲食】
おんじきも呉音
いんしょく。 洲府皆、香華・-を捧げ/今昔 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐し【飲食】
※全九集(1566頃)一「疾を防ぐとは、飲食(インシ)を節し温涼にかなひ」
[語誌]→「いんしい(飲食)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん‐しい【飲食】
※落葉集(1598)「飲食 いんしい」
※読本・唐錦(1780)三「娘は明暮、唯涙にふし沈みて飲食(インシイ)を廃し」
[語誌](1)インシイはインシの転訛形。「飲食」は、古くから呉音でオンジキと読まれたが、中世頃から、ほかに漢音のインショク・インシ・インシイの語形も見られるようになる。
(2)室町末頃のキリシタン文献では、主としてオンジキを掲げるものが多く、この語形が広く行なわれていたことをうかがわせるが、「落葉集」にヲンジキのほかにインシイが見え、他のキリシタン文献にもこの語形が散見されるところから、このころにはインシイとオンジキが併用されたかと思われる。
(3)一三〇六年頃成立した「聚分韻略」では、インシが飲食する物、インショクが飲食することだと説いている。しかし、室町から近世にかけて必ずしもこの区別がなされたとは言い難い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん‐しょく【飲食】
〘名〙 飲み物と食べ物。また、飲むことと食べること。飲み食い。おんじき。いんじき。いんしい。いんし。
※平家(13C前)一二「飲食(ヰンショク)〈高良本ルビ〉の名字をたて、湯水をものどへいれず」
※歌謡・山家鳥虫歌(1772)上・摂津「人食に尽きぬれば此石に向ひ礼をなせばいんしょく悉く出ず」 〔易経‐乾卦〕
[語誌]→「いんしい(飲食)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐じき【飲食】
〘名〙 (「おん」は「飲」の、「じき」は「食」の呉音) 飲みものと食べ物。食物。また、飲むことと食べること。いんしょく。いんしい。
※続日本紀‐宝亀三年(772)四月丁巳「衣服飲食一擬供御
※今昔(1120頃か)九「此の客人(まらふと)等、不飲食(おんじきせ)ずして」
[語誌]→「いんしい(飲食)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のみ‐くい ‥くひ【飲食】
〘名〙 飲むことと食うこと。飲んだり食ったりすること。いんしょく。のみくらい。
※談義本・教訓雑長持(1752)三「せめて先々で、呑喰(ノミクイ)でもする事か」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のみ‐く・う ‥くふ【飲食】
〘他ハ四〙
① 飲んだり食べたりする。飲みかつ食う。のみくらう。
※土左(935頃)承平四年一二月二八日「さけ、よきものどももてきて、ふねにいれたり。ゆくゆくのみくふ」
② 食物などをかまないで飲みこむ(日葡辞書(1603‐04))。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のみ‐くら・う ‥くらふ【飲食】
〘他ハ四〙
① 飲んだり食ったりする。飲食する。のみくう。〔書言字考節用集(1717)〕
② 酒をしたたか飲む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲食」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飲食の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.