Rakuten infoseek

辞書

飯能市【はんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飯能〔市〕
はんのう
埼玉県南部,秩父山地の南東麓に位置し,入間川高麗川の上流域にある市。 1954年市制。 2005年名栗村を編入。中心市街地の飯能は,入間川の谷口に位置し,江戸時代中期から6と 10の日に市が開かれ,穀類,縄,炭,織物生糸などの交易と,入間川支流の名栗川流域に産する西川材の筏流送の中継地として繁栄。明治以後は,製材業が繊維工業とともに市の工業の中心をなしてきた。近年は電気機械工業が立地。ほかにチャ (茶) ,クリ,ブドウ,野菜栽培や酪農畜産が行なわれる。東京の首都圏拡大に伴う住宅地化も進行。 JR八高線,西武鉄道,国道 299号線が通る。 1951年市のほぼ全域が奥武蔵県立自然公園に指定,天覧山正丸峠名栗渓谷,宮沢湖など景勝地が多い。高麗川流域の吾野 (あがの) 地区は観光果樹園経営が盛ん。面積 193.05km2。人口 8万715(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はんのう‐し【飯能市】
飯能

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯能市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯能市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.