Rakuten infoseek

辞書

飯田川【いいたがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飯田川
いいたがわ
秋田県中西部,潟上市北東部の旧町域。八郎潟調整池に臨む。秋田市の北方に位置する。 1935年町制。 1942年昭和町に合併されるが,1950年分離。 2005年昭和町,天王町と合体して潟上市となった。旧八郎潟の湖岸平野に位置するため,水田単作地帯であり,兼業農家が多い。醸造業が盛んで,清酒,味噌,醤油を製造。東方の丘陵地にある飯田川公園から大潟村や男鹿半島を一望できる。飯田川公園の神明社観音堂は江戸時代初期のもので,国の重要文化財に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飯田川
いいたがわ
秋田県中西部、南秋田郡にあった旧町名(飯田川町(まち))。現在は潟上(かたがみ)市の北東部を占める地域。八郎潟(はちろうがた)調整池に臨む。旧飯田川町は、1935年(昭和10)町制施行。1942年大久保町、豊川(とよかわ)村と合併して昭和町と称したが、1950年分離した。2005年(平成17)昭和、天王(てんのう)の2町と合併して市制施行、潟上市となった。地域の中央を南北にJR奥羽本線と国道7号(羽州街道)が走り、285号を分岐する。集落は国道沿いに発達している。西部の八郎潟干拓事業により水田が大幅に増え、全耕地の98%を占める。幕末からの酒、しょうゆ製造のほか、秋田湾臨海工業地域の一部として繊維その他の工場が立地する。飯塚地区の神明社観音堂(国の重要文化財)は八郎潟湖岸にあったのを移転したもので、江戸中期の建造。[宮崎禮次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯田川の関連情報

他サービスで検索

「飯田川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.