Rakuten infoseek

辞書

飯塚【イイヅカ】

デジタル大辞泉

いいづか〔いひづか〕【飯塚】
福岡県中北部の市。江戸時代は長崎街道宿場町として栄え、明治末から筑豊炭田の中心地。現在は工業・商業発展。平成18年(2006)3月、筑穂(ちくほ)町・穂波町・庄内町・頴田(かいた)町と合併。人口13.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いいづか【飯塚】
福岡県中北部の市。近世、長崎街道の宿場町。かつて筑豊炭田の中心。近年、商業が発展。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いい‐づか いひ‥【飯塚】
[1] 〘名〙 残飯が塚をなすほどだったという長者に関する伝説。また、その伝承をもつ塚。地名に残るものも多い。
[2] 福岡県北部、嘉穂盆地の中心部の地名。江戸時代は長崎街道の宿場町、遠賀川水運の河港として栄え、明治中期からは炭鉱町として発達。筑豊地方の商業・交通の中心地。昭和七年(一九三二)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯塚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯塚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.