Rakuten infoseek

辞書

食餌療法【しょくじりょうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

食餌療法
しょくじりょうほう
dietetic treatment
摂取する食物の品質,成分,分量などを選択調節して,病気治療を助け,あるいは特定の病気について,患者の保護をはかる治療法をいう。特殊食として糖尿病,肝臓病,高血圧症心臓病,特殊な栄養障害などの患者に供され,それぞれ治療目的や症状に合せて基準が定められている。一般に低エネルギー,低塩,ビタミンミネラル,良質蛋白の選択摂取などが用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょくじ‐りょうほう〔‐レウハフ〕【食餌療法】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょくじりょうほう【食餌療法】
代謝異常・消化器系内臓疾患・肥満などに対し、治療の一環として食事内容や食事法を改善・調節すること。また、そうした治療法。食療法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょくじ‐りょうほう ‥レウハフ【食餌療法】
〘名〙 (「食事療法」とも書く) 病気の治療、回復のために食事を治療手段の一つとして積極的に活用すること。糖尿病、腎臓病、高血圧、痛風などの治療に大切。食療法
※食道楽‐春(1903)〈村井弦斎〉四四「西洋の医者は薬物療法と相並んで食餌療法(ショクジレウハフ)を実行する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食餌療法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食餌療法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.