Rakuten infoseek

辞書

食肉加工品【しょくにくかこうひん】

大辞林 第三版

しょくにくかこうひん【食肉加工品】
食肉を主要原料とする加工食品の総称。ハム・ベーコン・ソーセージ・缶詰など。肉製品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

食肉加工品
 食肉を主原料とする加工品の総称

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

しょくにくかこうひん【食肉加工品】
ハム、ベーコン、ソーセージなどの食肉加工品も、しばしば食卓を飾る食材の1つです。
 その多くは豚肉をおもな材料とすることから、栄養素もたんぱく質、ビタミンB群が比較的豊富。また、血液を材料とするブラッドソーセージや肝臓を材料とするレバーペーストは、レチノールや鉄分にも富んでいます。
 ただ問題なのは、いずれも塩分や脂肪の含有量がたいへん多いこと。
 たとえば、通常のベーコンはその39.1%が脂肪ですし、ロースハムは100g中1gの塩分、サラミソーセージなどは100g中1.4gの塩分を含んでいます。
 そのため、高血圧や脂質異常症の不安をもつ人は、とりすぎに要注意。ベーコンはバラ肉を使ったものではなく、脂身の少ないショルダーベーコンを、ロースハムは脂身を取り除くなどのくふうをするべきです。
 ハムやベーコンなどの食肉加工品は、本来は保存の手段として生まれました。
 しかし、最近の製品は保存より、独特の風味を楽しむのを目的につくられているものが大半で、保存性自体は思ったほど高くありません。
 そのため、開封後は冷蔵庫で保存することはもちろん、なるべく早く食べ切ることがたいせつです。
 また、加熱工程を経ていないフレッシュソーセージは、かならず中まで火をとおして食べましょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

食肉加工品」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食肉加工品の関連情報

他サービスで検索

「食肉加工品」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.