Rakuten infoseek

辞書

食封【じきふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

食封
じきふ
古代の封禄制度。皇族諸臣の位階,官職勲功者,社寺などに与えられた封戸。大化改新のとき,豪族の私地,私民を収公した代償として大夫以上に与えたことに始る。位封職封功封,別勅,院宮封などがあった。『養老令』では,親王にはその品位 (ほんい) によって 800~400内親王には親王の半分,太政大臣 3000戸,左右大臣 2000戸,大納言 800戸,正一位~従三位には 300~100戸と規定されていたが,のちには寺社などにも与えられた。与えられた封戸は封主の直接支配におかれず,封物は国司郡司を経て納入される形態をとったが,律令貴族の重要な経済基盤であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じき‐ふ【食封】
律令制で、皇族・高位高者・社寺などにとして封戸(ふこ)を与えた制度。位封職封功封・別勅封などがあった。しょくほう。へひと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく‐ほう【食封】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくほう【食封 shí fēng】
食実封の略称。中国において王公に封ぜられた者が領内の封戸から収取する所得をいい,周・食邑(しよくゆう)に当たる。六朝以降一般に封邑目的となり虚封が大半を占めるに至り,それと区別するため収入を伴う場合とくに〈食実封○○戸〉と称し,皇族や功臣優遇に用いられた。唐制では実封戸の租庸調の1/3が領主に入り,2/3は中央政府の収入となった。はじめ封主が官を派遣して徴収に当たったが,のち中央が一括徴収して分与する制に改められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じきふ【食封】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じきふ【食封】
律令制で、親王・貴族・寺院などに俸禄として封戸ふこを支給したこと。特定の戸を封戸として指定し、そこからの租の半分と庸調のすべて、および仕丁の労役を徴収する。位階による位封、官職による職封、勲功による功封などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょくほう【食封】
じきふ食封

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

食封
じきふ
律令制(りつりょうせい)における俸禄(ほうろく)の一つ。令の禄令に定められている。親王、貴族、寺院などに支給されることになっていた。特定の戸(こ)を公戸のうちから設定して封戸(ふこ)とし、そこからの租の半分、庸・調の全部、および仕丁(しちょう)を支給したものである。親王・貴族に与えられるものとしては、四品(しほん)ないし従三位(じゅさんみ)以上の位階にある者に位封(いふ)、太政大臣(だいじょうだいじん)・左右大臣に職封(しきふ)が与えられ、寺院には5年を限って封戸が支給された。また特別の功臣や天皇の命令によって別に支給される功封(こうふ)もあった。これらの食封は、中国の食封の制に倣ったもので、貴族・皇族の経済的基盤として大きな意味をもっていたが、平安中期以後しだいに衰退し、荘園(しょうえん)制度のなかに解消していった。[鬼頭清明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じき‐ふ【食封】
〘名〙 (「じき」は「食」の呉音) 令制で、王族・諸臣に俸祿として賜わった封戸(ふご)。租の半分(のちに全給)と庸調のすべてを収取し、また仕丁も徴発できた。位封・職封・功封の別がある。位封は位階に、職封は職官に、功封は勲功に対して賜わるもので、戸数にはそれぞれの規定がある。しょくほう。へひと。→職封(しきふ)
※正倉院文書‐天平三年(731)二月二六日・越前国正税帳「食封租壱仟壱拾肆斛玖斗陸升」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく‐ほう【食封】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

食封
じきふ
律令制下,皇族・高位高官者・寺社などに与えられた封禄の一つ
大化の改新のとき,私地私民を廃止した代償として大夫以上に支給したのが始まりで,大宝令で完備。一定数の郷戸を封戸 (ふこ) に指定して,その租の半分,・調の全部および仕丁 (しちよう) を支給した。律令貴族の重要な経済的基盤で,一部の封戸はのち荘園化した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食封」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食封の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.