Rakuten infoseek

辞書

飛鳥寺【あすかでら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛鳥寺
あすかでら
奈良県高市郡明日香村所在。真言宗豊山派に属する。安居院 (あんごいん) ,本元興寺 (もとがんごうじ) ともいう。もと法興寺元興寺ともいわれ,平城京に移築後は本元興寺として残ったが,建久7 (1196) 年,塔の焼失後は急速に衰えた。現在は創建当初の釈迦像 (飛鳥大仏) を安置する安居院が存続する。飛鳥寺は蘇我馬子が崇峻1 (588) 年に発願して造営。推古1 (593) 年には塔に仏舎利が奉安され,同 14年に止利仏師 (→鞍作止利 ) 作といわれる丈六の釈迦如来像が安置された。近年,飛鳥寺跡の発掘調査の結果,南北中軸線上に南から南門,中門,塔,金堂講堂が位置し,塔の東西にも金堂を配し,中門から回廊が延びて塔と3金堂を包んでいたことが明らかになった。このような配置を飛鳥寺式伽藍配置と呼んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

飛鳥寺
蘇我馬子が588年に造営を始め、本尊の丈六釈迦如来像ができた609年ごろの完成とする説が有力。後に平城京へ移り、元興寺(がんごうじ)となった。今は跡地に建てられた安居(あんご)院が残る。
(2015-06-11 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

あすか‐でら【飛鳥寺】
明日香村にあり、元興寺・法興寺などと呼ばれた寺。推古天皇4年(596)蘇我馬子(そがのうまこ)の建立と伝えられる。平城遷都に伴い平城京に元興寺建立後は本元興寺と呼ばれた。現在、安居院飛鳥大仏が残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

飛鳥寺
 奈良県明日香村にあるお寺です。蘇我馬子[そがのうまこ]がつくらせました。大官大寺[だいかんだいじ]・薬師寺[やくしじ]・川原寺[かわらでら]とならんで、飛鳥の四大寺と言われていました。平城京[へいじょうきょう]に都がうつったとき、飛鳥寺もうつされました。 この寺の中央の柱を支える礎石[そせき]の下から蛇行状鉄器[だこうじょうてっき]が見つかっています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

飛鳥寺
奈良県高市郡明日香村にある寺院。創建は596年。宗派は真言宗豊山派、本尊は釈迦如来。蘇我馬子の発願で創建した最古の寺院。法興寺、元興寺、安居院(あんごいん)とも呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あすかでら【飛鳥寺】
奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派の寺。法興寺,本元興寺ともいう。蘇我馬子が創立した日本最初の本格的な寺院で,百済から招いた工人らが参画して,596年(推古4)ほぼ造営を終え,606年には仏師鞍作止利(くらつくりのとり)が作った本尊の丈六釈迦如来像が安置されている。古都飛鳥の地に〈大寺〉として偉容をほこり,寺の西の槻樹(つきのき)の下で供宴や蹴鞠(けまり)が行われた。644年(皇極3)中大兄皇子中臣鎌足の出会いが有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あすかでら【飛鳥寺】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飛鳥寺
あすかでら
奈良県明日香(あすか)村にある新義真言宗豊山(ぶざん)派の寺。本元興寺(もとがんごうじ)、安居院(あんごいん)ともいい、本尊の丈六釈迦如来坐像(じょうろくしゃかにょらいざぞう)(約2.75メートル)にちなんで飛鳥大仏ともいう。この寺は推古(すいこ)天皇が願主となり、聖徳太子が蘇我馬子(そがのうまこ)の協力を得て建立した寺であり、本尊は606年(推古天皇14)止利仏師(とりぶっし)作といわれる。『玉林抄』によると、四方の門には、東門に飛鳥寺、西門に法興寺、南門に元興寺、北門に法満寺と、それぞれ違った寺額がかけられていたと記されており、蘇我氏の氏寺であるとともに官寺でもあったことが知られる。創建時には隆盛を極めたが、都が飛鳥から平城(奈良)へ移るに際し、奈良には新元興寺が建立され、飛鳥寺は本元興寺とよばれ、衰微していった。さらに鎌倉時代の1196年(建久7)には寺に落雷があって伽藍(がらん)は焼亡し、現在、元興寺塔頭(たっちゅう)の安居院を残すのみとなっている。釈迦像も仏頭と右手指3本のみが往時の止利仏師作のものと伝える。
 なお、1956~1957年(昭和31~32)の奈良国立文化財研究所(現、奈良文化財研究所)による発掘調査の結果、塔を中心として、北、東、西の三方に金堂を配し、これらを回廊が囲む、いわゆる一塔三金堂の飛鳥寺式伽藍(がらん)配置であることが明らかにされた。[里道徳雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あすか‐でら【飛鳥寺】
奈良県高市郡明日香村飛鳥にある真言宗豊山派の寺。推古天皇四年(五九六)蘇我馬子が最初の本格的寺院として創建。法興寺、元興寺、本元興寺ともよばれた。現在は、僧坊安居院と鞍作止利作と推定される釈迦如来坐像(飛鳥大仏)が残る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛鳥寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛鳥寺の関連情報

他サービスで検索

「飛鳥寺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.