Rakuten infoseek

辞書

飛鳥井雅康【あすかい まさやす】

美術人名辞典

飛鳥井雅康
室町後期の歌人公卿飛鳥井雅世の次男。雅親の弟。名は雅康。号を二楽軒・二楽院。法名宋世家伝歌学蹴鞠を伝え、書道二楽流の祖となる。権大納言正二位に至る。『新撰菟玖波集』に歌を収め、また著書に『歌道鈔』『富士歴覧記』等がある。永正6年(1509)歿、74才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

飛鳥井雅康 あすかい-まさやす
1436-1509 室町-戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
永享8年生まれ。飛鳥井雅世(まさよ)の次男。兄雅親(まさちか)の養子となる。家職をつぎ,足利将軍家の和歌,蹴鞠(けまり)両道の師範となった。書道二楽流の祖。正三位,権(ごんの)中納言。文明14年出家し宋世と称した。永正(えいしょう)6年10月26日死去。74歳。号は二楽軒。著作に「宋世口伝」「蹴鞠条々大概」,家集に「雅康卿詠草」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

あすかいまさやす【飛鳥井雅康】
1436~1509) 室町時代の歌人・書家。雅世の次男。号、二楽じらく軒。法名、宋世。和歌・蹴鞠けまりの名手。歌集「宋世百首」、歌学書「飛鳥井秘伝集」など。書道二楽流の祖とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飛鳥井雅康
あすかいまさやす
(1436―1509)
室町時代の公卿(くぎょう)、歌人、書家。飛鳥井雅世(まさよ)の次男。二楽軒(じらくけん)と号す。兄雅親(まさちか)の養子となり、和歌、蹴鞠(けまり)の名手として尊重を受けた。足利(あしかが)将軍家の両道師範をも務めている。官位は権中納言(ごんちゅうなごん)に昇ったが、3年にして辞し、1482年(文明14)には近江(おうみ)松本で薙髪(ちはつ)した。法名を宋世という。家集に『雅康卿(きょう)詠草』『宋世百首』などがあり、歌学書『飛鳥井秘伝集』、紀行『富士歴覧記』を著している。その書は、江戸時代初期に編まれた書流系譜によれば、二楽流の祖として分類されている。[久保木彰一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛鳥井雅康」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛鳥井雅康の関連情報

他サービスで検索

「飛鳥井雅康」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.