辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

飛鳥井雅俊【あすかい まさとし】

美術人名辞典

飛鳥井雅俊
室町中・後期の公卿。雅綱の子、法名を敬雄。権大納言となり、のち正二位に進む。家集に『飛鳥井雅俊卿集』『園草』がある。大永3年(1523)歿、63才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

飛鳥井雅俊 あすかい-まさとし
1462-1523 室町-戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
寛正(かんしょう)3年生まれ。飛鳥井雅親(まさちか)の子。家職をつぎ,足利将軍家の和歌,蹴鞠(けまり)の師範をつとめる。地方の武人にもおしえ,周防(すおう)(山口県)の大内氏と親交があった。父の講釈を「古今栄雅抄」としてまとめた。永正(えいしょう)12年権(ごんの)大納言,14年正二位。大永(たいえい)3年4月11日死去。62歳。家集に「園草」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飛鳥井雅俊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛鳥井雅俊の関連情報

関連キーワード

久我豊通松木宗綱二条尚基冷泉政為三条実香清水谷公松五辻泰仲木幡雅遠山科言国宗哲

他サービスで検索

「飛鳥井雅俊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.