Rakuten infoseek

辞書

飛車【ヒシャ】

デジタル大辞泉

ひ‐しゃ【飛車】
将棋の駒(こま)の一。に何間でも動け、成ると竜王となり、斜め前後にも1間ずつ動ける。飛。
空中を飛ぶという車。
「我が―に相乗せて、仏の御許(みもと)に率(ゐ)て参りて」〈今昔・一・二九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひしゃ【飛車】
[2][1] 空を飛ぶという、空想上の車。
[0] 将棋の駒の一。縦・横に何間でも自由に動ける。成ると竜王となり、斜め四方へも一間ずつ動ける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とぶ【飛】 車(くるま)
を飛ぶ車。
※竹取(9C末‐10C初)「立てる人どもは、装束の清らなる事、物にも似ず。とぶ車一つ具したり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐しゃ【飛車】
〘名〙
① 空中を飛行する車。飛ぶ車。
※十巻本和名抄(934頃)三「飛車 兼名苑注云奇肱国人〈今案国人無右臂故名之〉能作飛車従風飛行故曰飛車」
将棋の一つ。縦横に制限なく動くことができる。敵陣の三段目以内にはいって龍王となると、さらに斜め四方に一ますずつ動くことができる。角行とともに大駒と呼ばれる。飛。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「飛車は一方の大将なれば後に龍王となる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.