Rakuten infoseek

辞書

飛跡【ひせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛跡
ひせき
track
物質中を高速の荷電粒子が通った経路に沿って生じた眼に見える痕霧箱内では荷電粒子がつくるイオンを核として霧滴の列を生じ,泡箱内では同様に気泡の列を生じる。スパークチェンバーではイオンが引き金の役目をして放電の光点の列となる。原子核乾板では荷電粒子はハロゲン化銀を励起し,現像後に銀粒子の列となる。金属以外の固体中で,電離作用の大きい荷電粒子はその原子配列を乱し,適当な薬品で腐食させると孔を生じる。これらの装置は飛跡検出器と呼ばれる。飛跡の形,長さ,単位長さあたりのイオン数,磁場中の飛跡の曲率,および散乱による飛跡の微小な曲りなどから,粒子の種類,エネルギーを知ることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ‐せき【飛跡】
霧箱泡箱原子核乾板などで観測される、荷電粒子が通過した跡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひせき【飛跡 track】
原子乾板,霧箱,泡箱などに荷電粒子が入射したとき,粒子の電離作用によって粒子の通った場所にできる可視の進路の跡。飛跡は荷電粒子の足跡ともいえ,粒子の存在の検出はもとより,その識別などに手がかりを与える。泡箱の場合を例にとれば,外部磁場を泡箱にかけたときの飛跡の曲り方から電荷の正負が,また曲率より粒子の運動量が得られる。さらに単位長内の泡の数は粒子が単位長内で失うエネルギーと関連し,おおよそ粒子の速度vと光速cの比v/cの2乗に反比例することが知られているので,ある運動量領域では泡の密度より粒子の識別も可能となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひせき【飛跡】
〘物〙 霧箱・泡箱・原子核乾板を帯電粒子が通過したときに観察される粒子の通過経路。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐せき【飛跡】
〘名〙 帯電粒子が通過した跡。ウィルソンの霧箱・泡箱・原子力乾板などでα粒子や電子などの走った跡にできたイオンが水滴や気泡または感光した銀粒子の列として観測されるもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛跡の関連情報

他サービスで検索

「飛跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.