Rakuten infoseek

辞書

飛蝗【ひこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛蝗
ひこう
migratory locust
トノサマバッタやその他のバッタがときに大群をなして群飛すること。トノサマバッタは温度,湿度,日光,食物などの適当な環境条件の組合せにより,単独 (孤独) 相,群生 (移住) 相の異なる2相を生じることが知られている。群生相個体は単独相に比べて前胸背が短く,正中線上の隆起線を欠き,翅が長いなどの特徴があり,大をなして活発にぶ。中国,中央アジア,北アフリカなどで知られているが,日本でも北海道や千葉県の一部に発生したことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばった【飛蝗/蝗虫/×蝗】
直翅(ちょくし)目バッタ科と近縁の科の昆虫の総称。頭部は大きく、触角は短い。前翅(まえばね)はやや厚めで、その下に膜質の後ろ翅が扇子状に折り畳まれる。後脚は太く長く、よく跳躍する。卵は塊にして土中に産む。不完全変態。昼行性。ショウリョウバッタトノサマバッタクルマバッタオンブバッタなど。 秋》「寂しさの極みに青き―とぶ/多佳子」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐こう〔‐クワウ〕【飛×蝗】
バッタのうち、生息密度が高くなると群飛して集団移動をする性質に変わるもの。また、その集団移動の現象トノサマバッタサバクバッタなどにみられる。侵入地域の農作物に大被害をもたらす。渡りバッタ。飛びバッタ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひこう【飛蝗 locust】
トビバッタとかワタリバッタなどともいう。大群をなして飛びながら大きく移動し,農作物などに大害を与えるバッタ類のことで,世界から十数種が知られている。とくにアフリカからインドにかけて見られるサバクバッタ(砂漠飛蝗,サバクトビバッタ),アフリカからユーラシアに広く分布し,日本にもいるトノサマバッタ(移住飛蝗)(イラスト)の二つが有名である。これらの種では,大発生はおもに大河流域の乾燥草原で起こり,そこから移動を始める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひこう【飛蝗】
バッタが大集団をなして移動すること。また、そのバッタ。トノサマバッタやサバクバッタなどで、個体密度が高くなると行動や形態が変化して飛蝗となり、農作物に壊滅的被害を与える。中国やアフリカなどで発生する。トビバッタ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飛蝗
ひこう
大群をなして移動し、通過する土地の青い草を食べ尽くすバッタ類をいう。最近は移住バッタ、ワタリバッタまたはトビバッタとよばれることが多い。飛蝗になる種類は世界に約20種知られており、中国のトノサマバッタ、中近東からインドにかけているサバクバッタ(砂漠飛蝗)、アフリカにいるモロッコ飛蝗、北アメリカのロッキー山飛蝗などが有名である。古くから中国でもっとも害のあるものは飛蝗で、単に蝗とも書いているが、日本の歴史のなかでは、ほかの学問と同様に初め中国の書き方をまねたので、害虫の大発生があると「此歳(このとし)夏蝗食稲天下飢饉(ききん)」などと記録したが、実は日本では真の飛蝗は少なく、蝗としたものはイネの害虫の総称と解すべきであって、もちろん現在のイナゴをさすものでもない。
 中国の飛蝗は日本にいるトノサマバッタと同じ種で、南・北アメリカと極寒地を除く広い分布域をもち、群生して移住する性質をもつ群生相という性質に変わったもので、普通、草原に単独で生活する孤独相のトノサマバッタが緑色を帯び、前胸背面が中高であるのに対し、群生相では全体が褐色で頭(幅)が大きく、はねが長く、後脚が短く、前胸背面の中央がくぼんでいる。環境要因の変化に伴って、急に相が転換するのではなく、しだいに群がってすむ性質をもつ中間型(転移相)の数を増し、ついには群生相に変わる。発生地の共通の特色は、水はけのよい砂礫土(されきど)をもつ乾燥地で、そのうえ植物がまばらである点などであって、これらの環境は大河の流域や砂漠などに多く、一般の土地では干天続きの年に起こる。
 中国では紀元前2世紀から後19世紀にかけて1330回以上の大発生が記録されているが、日本では古い記録の詳細は不明で、わずかに1770~71年(明和7~8)に江戸の空を渡った記録と、1880~84年(明治13~17)に北海道で驚異的な大発生があったことが知られているだけである。その後は1929~30年(昭和4~5)までの間に北海道で3回地域的な発生が認められ、明治時代に沖縄や千葉県、小笠原(おがさわら)諸島で小発生が認められただけで、いずれの土地も開発などによる環境の変化によって発生が抑えられている。ただ1974年(昭和49)には北大東(きただいとう)島で、また1985年には九州南方の馬毛(まげ)島で大発生が起こった。
 トノサマバッタの群生相と孤独相は昔は別の種であると信じられていたが、両者が同一種の密度の相違による型であることがわかり、相変異と名づけられたのはイギリスのウバロフUvarovの研究(1921)によるもので、その後ほかの飛蝗の種類についても同様の相変異があることが認められるようになった。飛蝗は世界各地で古くから大きな被害があったが、これに対する研究は相変異の発見によって促進され、とくに第二次世界大戦以後はイギリスに対蝗研究センターAnti-Locust Research Centreが設立され、フランスにおいても研究が拡張され、被害の多いアフリカ、中近東などの諸国も協力して飛躍的に進歩した。その結果アフリカでのトノサマバッタの飛蝗化の制御はある程度可能となったが、サバクバッタではまだ不可能である。したがって飛蝗の発生は後を絶たず、被害諸国の悩みの種になっている。サバクバッタの飛蝗は1平方キロメートルに5000万個体にも達するといわれる。[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐こう ‥クヮウ【飛蝗】
〘名〙 バッタ(直翅)目バッタ科のうち、大群で集団移動をするもの。移動によって侵入を受けた地域では農作物は壊滅的被害をうける。トノサマバッタ、タイワンバッタ、サバクバッタなどの飛蝗化が知られている。主に旧大陸の草原地方で見られる。
※楡家の人びと(1964)〈北杜夫〉三「妖しくひろがった暗雲のように数も知れぬ飛蝗の群が飛んでいた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛蝗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛蝗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.