Rakuten infoseek

辞書

飛船【とびふね】

防府市歴史用語集

飛船
 江戸時代の小型でスピードの速い舟のことです。瀬戸内海沿岸に荷物や人を運んでいました。また、江戸時代の終わりには、志士しし]の移動に使われることもありました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐せん【飛船】
〘名〙
① 速度の速い船。
※日本外史(1827)一六「藤堂高虎聞韓候船在唐島、以飛船之」
② 江戸時代、船番所や見張番所などが緊急の連絡に使った快速の小船。鯨船・押送り船などの船型を用いることが多い。
※環海異聞(1807)一四「飛船を以午の方相当り白帆見へ候段、御注進有之」
③ 江戸時代、急ぎの旅客などのために帆と櫓を併用して風待ちをすることなく航海した快速の渡海船。早船。小早。
※西遊日記(1865)八月二日「飛船といふは、急事等之節は風に不拘こぎ付用向を達し候儀」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛船の関連情報

他サービスで検索

「飛船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.