Rakuten infoseek

辞書

風見【カザミ】

デジタル大辞泉

かざ‐み【風見】
家の屋根などにつけて、風の吹く方向を知る道具。古くは先端に鳥獣の形や紋所などをつけた。風向計風標(かざじるし)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かざみ【風見】
風向計の一。風を受けて常に風上を示すようにした装置。風標かざじるし

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風見
かざみ
風向計の一種。元来ヨーロッパで考案されたもので、日本に伝えられたのは比較的新しい。風の吹く方向を知る道具だが、このたぐいのものとしてはもっとも原始的な形態である。最新式の風向計は、単に風向だけではなく、風力もあわせて測定できるようになっており、気象台や船舶などで用いられている。これに対し、風見は風向が知られるのみで、一般家庭などでも用いられ、もっぱらアクセサリー的要素の強いものとなっている。しかし、かつては風向を知るのみではなく、ここにその家の紋章をつけ、外部に対して家格を示す役割をも果たしていた。形態はさまざまだが、旗、矢、雄鶏(おんどり)をかたどったものがよくみられる。[胡桃沢勘司]

風見鶏

とくに、雄鶏形のものは風見鶏(かざみどり)weathercockとよばれ、もっともなじみ深いものといえよう。その由来は古く9世紀にさかのぼり、当時のローマ教皇が法令で教会の塔の先端に風見を取り付けるよう定めた際、雄鶏形のものを用いたことによるといわれている。教会でことさら雄鶏形が用いられたことには、2通りの解釈がなされている。第一は聖書の「ルカ伝」の記述に拠(よ)るもので、ペテロがキリストが捕らえられた際、うその告白をしたのを雄鶏の鳴き声に刺激されて改めたからというもの。第二は民間信仰に基づくもので、雄鶏は警戒心が強く、夜の悪魔を追い払う力があると信じられているからというものである。なお、風見鶏は頭が風の吹いてくる方向を向くようにつくられている。[胡桃沢勘司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かざ‐み【風見】
〘名〙
① 風の方向、強さなどを見ること。
② 風圧によって回転するように装置されたもので、その回転のさまを見て風の方向を知る道具。屋根や船中に設ける。古くは鳥獣の形、紋所、唐草模様などの板状のものを長い棒の先などにつけたが、現在は矢印のものが多い。風向計。風信器。風見車。風守(かざも)り。かざきり。かざじるし。かぜじるし。
※談義本・根無草(1763‐69)前「暑(しょ)はいつよりも強、風見は作り付けたるがごとく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風見の関連情報

他サービスで検索

「風見」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.