Rakuten infoseek

辞書

風袋【フウタイ】

デジタル大辞泉

ふう‐たい【風袋】
はかりで物の重さを量るとき、それを入れてある容器・袋・箱など。「風袋こみの目方」
実質に対しての外観。うわべ。見かけ。「風袋ばかりりっぱな人」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふうたい【風袋】
物の重さを量るときの、その物のはいっている容器・包み紙など。また、その重量。 -ぬきの重さ
外観。みかけ。 -ばかり大きくても、…内容に乏しい、信切な忠告なんぞは/平凡 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風袋
ふうたい
tare
原意は商品の容器や包装材であるが、取引用語としてはその重量をいう。中身だけの重量を正味(しょうみ)といい、風袋と正味の合計を皆掛(みなかけ)とよぶ。風袋の決め方には、〔1〕個々の風袋を実際に計算する実際風袋、〔2〕全体のなかの数個の風袋を計量し、その平均値をもって風袋とする平均風袋、〔3〕取引商品の風袋が一般に知られているとき、個々に計量しないでそれに従う慣習風袋、〔4〕取引に際して当事者が協議して推定する算定風袋などがある。商品を重量単位で取引する場合には、皆掛によるときと正味によるときとがある。また、計量法に定める法定計量単位により商品を販売する者は、正味を表記しなければならず、違反すると懲役・罰金等に処せられる。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

風袋 (カザブクロ)
植物。ホコリタケ科のキノコ。ホコリタケの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐たい【風袋】
〘名〙
① 品物を入れたり包んだりしている包装袋、箱、缶など。また、その重量。
※志不可起(1727)「物を秤にかけるとき、其物を載る敷物をふうたいと云よりして」
② 実質に対して、外観をいう。うわべ。みかけ。また、無益、無駄なこと。
※わらんべ草(1660)四「一所におちあなをこしらへおけば、そのあなへおち入、あなばかりこしらへ、かきはふうたいとてせざらんは、ししはとられまじ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風袋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風袋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.