Rakuten infoseek

辞書

風水説【フウスイセツ】

デジタル大辞泉

ふうすい‐せつ【風水説】
中国の伝統的な自然観の一。都市や住宅・墳墓などを造る際に、地勢方位、地脈や陰陽の気などを考え、そこに生きる者とそこで死んだ者すべてによい自然環境を求めようとするもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふうすいせつ【風水説】
中国で・漢時代から伝承されてきた術数一派堪輿地理,青烏などの別称がある。その原理は,人間に及ぼす地気の作用を信じ,山脈,丘陵,水流などの地勢を観察して,さらに陰陽五行や方位(青竜=東,朱雀=南,白虎=西,玄武=北)をも考え合わせ,その最も吉相と見られる地を選んで,これに都城住居,墳墓をつくらせる地相学,宅相学,墓相学で,生人の住居の場合を陽宅,墓地の場合を陰宅とよぶ。とくに陰宅を重視し,最良の地を選んで父祖を葬れば,祖霊が安定するだけでなく,その一家一族が繁栄して,子孫の中から科挙合格者や高位高官の者を出すであろうと説く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

風水説
ふうすいせつ
風水とは東アジアにおける一種の自然観・環境観をさし、その独特な環境判断や測定術を風水説という。古代中国に発し、現代東アジア、東南アジアその他にも影響が及ぶ。中国殷(いん)周代の卜宅(ぼくたく)、周春秋戦国時代の地理・相宅、漢代の堪輿(かんよ)などにその淵源(えんげん)が求められる。風水が定義づけられたのは、晋(しん)代の文人郭璞(かくはく)の書だと仮託された『葬経(そうけい)』からである。風水とは風と水であり、気の動きを操作する地理的条件をいった。時代により風水術、相地術、堪輿学、地術などとよばれ、判断の専門家を風水師、地理師、陰陽師(おんみょうじ)、地師、地官などと称した。現代中国では地方により、風水先生、地理先生、陰陽先生、南蛮子などとよんでいる。
 風水説の特徴は、(1)環境が人間や死者(祖先)に対して強い影響を及ぼすとすること、(2)その影響が地形、水流、気候、地質、植生などの自然環境と、陰陽(おんみょう)、五行、八卦(はっか)、天干地支などの宇宙の運行との相関性をもって及ぶとすること、(3)さらにその影響が、現世の人間や未来の子孫に対し吉凶禍福を伴って現れるとすることにある。したがって環境からの好影響を得たいのなら、死者や人間に好影響を与える気(生気)を確保して、悪影響を与える気(殺気)を除去する環境と生活空間を構築する必要がある。
 判断の対象は、大別して陰宅風水(墓地風水、墓相)と陽宅風水(住宅風水、家相)の2種がある。風水説が普及してのちは陰宅風水が陽宅風水に優り、風水説といえば通常陰宅風水の判断法をいう。陽宅風水は室内インテリア風水と、外観を構成するエクステリア風水に2大別できる。エクステリア風水はさらにコミュニティ(都市・村落)風水と家宅風水(家相)に分けられる。東アジア諸国では、風水判断はしばしば国策として実施されてきた。中国の都市や陵墓など、韓国の都市や王陵など、沖縄の都市・村落などの建設立地や移動にあたっては、官僚による判断がたびたび実施された。また現代においても東アジア各地では墓相が重視され、墓地環境の好悪が子孫の禍福を支配するものとされる。子孫の繁栄・財力の豊かさ、長寿はみな、墓地の好風水の影響によるものだと説明される。また家相は現世の人間生活の禍福を左右すると考えられており、家屋の建設前に風水師のほか易者やシャーマンまでが、依頼に応じて風水を判断している。[渡邊欣雄]
『渡邊欣雄著『風水思想と東アジア』(1990・人文書院) ▽渡邊欣雄・三浦國雄編『風水論集』(1994・凱風社) ▽牧尾良海著『風水思想論考』(1994・山喜房仏書林) ▽何暁著、宮崎順子訳『風水探源』(1995・人文書院) ▽崔昌祚著、金在浩・渋谷鎮明訳『韓国の風水思想』(1997・人文書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

風水説
ふうすいせつ
陰陽地理説」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風水説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風水説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.