Rakuten infoseek

辞書

風味【フウミ】

デジタル大辞泉

ふう‐み【風味】
飲食物の香りや味わい。「風味のよい紅茶」
そのものやその人などから受ける好ましい感じ。風情。
「山居の―を詠じて」〈太平記・一二〉
味見をすること。
「料理人お―をするとて」〈咄・鹿の子餅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

風味
 香味ともいう.いわゆる味のこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふうみ【風味】
(食べ物の)おもむきのある味わい。 一種独特の-がある -が落ちる
おもむき。風情。 山居の-を詠じて/太平記 12

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐み【風味】
〘名〙
① 味。飲食物などが舌に与える趣のあるよいあじわい。
※蔭凉軒日録‐寛正七年(1466)二月一日「皆曰、久聞其名。今嘗此味、不絶嘆也。似奈良并天野名酒之風味云々」
※虎寛本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「風味のよい瓜じゃ」 〔劉峻‐送橘啓〕
② 風雅なおもむき。そのものから感じられるおもむき、あじわい。
※太平記(14C後)一二「山居の風味を詠じて」
③ 気風。気質。また、おくゆかしい性格。
※評判記・難波物語(1655)「よきかたぎなり、風味一だんよし」 〔韓愈‐答李使君書〕
④ 物事の扱いぐあい。
※形影夜話(1810)下「殊に自ら諸人を療して、其諸症を手懸(てがけ)ざれば、彼治療の機会、風味・塩梅も覚えず」
⑤ (━する) 味見をすること。
※咄本・鹿の子餠(1772)海鼠腸「御肴に今出すこのわた、料理人お風味(フウミ)をするとて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風味」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風味の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.