Rakuten infoseek

辞書

風向【ふうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

風向
ふうこう
wind direction
風の吹いてくる方向が北からに向かって吹けば風向は北で,風の名称は北の風という。風向は真北を基準に時計回りの角度で観測され,16方位または 36方位に分けて示される。また風向は時々刻々変化するが,一般気象観測では細かい変化にこだわらず,大勢としてどの方向から風が吹いているかを 10分間の平均で示す。風速が 0.2m/s 以下の場合の風向は静穏とし,00と表す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふう‐こう〔‐カウ〕【風向】
風の吹いてくる方向。ふつう、16方位で示す。かざむき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

風向
風が吹いてくる方向のこと。 例) 北から南に吹いている風は北風普通、16方位で表す。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かざむき【風向】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふうこう【風向】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふうこう【風向】
風の吹いてくる方向。風位。かざむき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風向
ふうこう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かざ‐むき【風向】
〘名〙
① 風の吹いてくる方向。かざなみ。ふうこう。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「風向(カザムキ)かはりしよと覚ゆるはしに」
② 世間の動向。物事のなりゆき。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と赤い月「例の新聞一件の後、早くも風向きを見てとった本屋は」
③ 人の気分、機嫌、態度。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かぜ‐むき【風向】
〘名〙 =かざむき(風向)〔東京語辞典(1917)〕
※海景異彩(1936)〈獅子文六〉三「少し風向(カゼム)きが変ってきたので、藤サンは平伏状態から、鎌首を擡げ上げた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐こう ‥カウ【風向】
〘名〙 風の吹いてくる方向。気象庁では、ふつう観測時刻の前の一〇分間における平均風向を一六方位に分けて観測する。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉天気予報は何故当らぬ事が多きか「今日の気温幾許(いくら)、風向(フウカウ)何〈略〉など」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風向」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風向の関連情報

他サービスで検索

「風向」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.