Rakuten infoseek

辞書

風力【フウリョク】

デジタル大辞泉

ふう‐りょく【風力】
風の強さ。風が物体に及ぼす力。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふうりょく【風力】
風の強さ。
風のもつ力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風力
ふうりょく
風力階級の各階級番号または物体に及ぼす風の力。風力エネルギーP(W/m2)は、単位時間に通過する運動エネルギーによって表現することができるが、

で表される。ただしρは空気の密度(kg/m3)、Vは風速(m/s)である。この運動のエネルギー全部が、たとえば風車エネルギーとして使われるわけではなく、そのおよそ60%が風車エネルギーに転換される。さらに発電や発熱の効率まで考えても、風力エネルギーとして40%程度が利用できるという効率のよいエネルギー源である。
 風力は水力に比べるとその連続的保持を考えたとき100分の1程度のエネルギーにすぎない。したがって大量のエネルギー源として風力に期待することはできない。さらに風には強弱の不安定があるため、定常的な強風地帯以外は、これを連続的に使い続けることはむずかしい。しかし廃棄物を伴わないクリーンで無尽蔵のエネルギー源であり、小規模分散型の発電施設として利用可能なものであるため、風の強い離島などでは、風力が灯台の発電用として使われている。
 なお、現在広く使われている風力階級は、19世紀初めにイギリスのビューフォートが考案したものである。1962年に世界気象機関(WMO)で決めた風速V(m/s)と風力階級B(1~12)との関係は

となっている。[根本順吉・青木 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐りき【風力】
〘名〙 能楽で、外に現われる芸の力。
※至花道(1420)無主風の事「我物にいまだならで、風力(フウリキ)不足にて、能のあがらぬは、是、無主風の為手(して)なるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐りょく【風力】
〘名〙
① 風の強さの程度。また、風の強さを目測するために定められた、風の強さを示す数をいう。
※経国集(827)一四・和菅大夫暁頭聞雁卒爾成篇〈惟良春道〉「弱弱資風力、危声任月弦
※浮城物語(1890)〈矢野龍渓〉二〇「綜理、気象専務杉苗氏に向て風力を問ふ」 〔方干‐登龍瑞観北巖詩〕
② けだかい品位。風格。
※撃蒙抄(1358)「この両句、尤風力あり」 〔宋書‐孔覬伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風力の関連情報

他サービスで検索

「風力」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.