Rakuten infoseek

辞書

類書【るいしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

類書
るいしょ
Lei-shu
中国独特の一種百科事典。多くの書物のなかにみえる事項を項目別に分類編纂したもの。唐代以後盛んとなり,『芸文類聚』『太平御覧』『冊府元亀』『永楽大典』『淵鑑類函』『古今図書集成』などがその代表である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

るい‐しょ【類書】
内容などが似ている書物。同種類の書物。類本。「類書が多い」
多くの書物から類似の事項を集めて分類し、まとめた百科事典形式の書物。特に、漢籍についていう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

るいしょ【類書 lèi shū】
中国で編纂された書物の一形式。自然界と人間社会のあらゆる領域にわたる事物や現象を既存の書物から抜粋し,いくつかの部類に区分して体系化した書物をいう。その呼称は,宋の欧陽修などが編纂した図書目録《崇文総目》や《新唐書》芸文志が,これらの書物に類書という分類を与えたのに起源し,《四庫全書総目》以降一般に定着した。一種の百科事典ではあるが,編纂者がみずから著述した書物ではない点で,現在の百科事典と根本的に異なるところがあり,資料彙編的性格が強いので,むしろ叢書に近いといえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

るいしょ【類書】
内容や体裁などの似た書物。
多くの書物から似かよった事柄を集めて、項目ごとに分類編集した書物。「太平御覧」「芸文類聚」「古事類苑」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

類書
るいしょ
一般には同種類の書物をいうが、中国では内容を事項によって分類、編集した書物のことで、古来百科事典を類書の形式で発展させてきた。紀元前2世紀ごろ、秦(しん)末漢初に成立したといわれる『爾雅(じが)』は、各字を19編に分類して、単純な訓を与えた辞典と事典を兼ねたもので、類書の萌芽(ほうが)がみえる。3世紀になると、後漢(ごかん)の劉煕(りゅうき)が『釈名(しゃくみょう)』8巻を編したが、これは『爾雅』の形式を存しながら、類書の内容を備えたものであった。類書の形式を確立して、その典型といわれるのが唐の欧陽詢(おうようじゅん)ら編『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』100巻である。分類は天、歳時、地、州、郡から瑞祥(ずいしょう)、災害まで45部とし、各部に事項名を配し、総説と古典の引用の詩文を掲げる。唐から宋(そう)にかけて多くの類書が編せられたが、これに拠(よ)っている。明(みん)初の『永楽大典』2万2877巻(1409)も、清(しん)初の『欽定(きんてい)古今図書集成』1万巻(1725)もその形式をとったものである。ことに後者は、形式が整備され内容豊富なために、現在もなお利用されている。
 日本では中国の類書を用いたので、独自な類書は発展せず、突発的に優れた類書が出現した。831年(天長8)に滋野貞主(しげののさだぬし)は、宮廷秘庫の群籍を抄出して『秘府略』1000巻を編した。また、源順(みなもとのしたごう)編の『倭(和)名類聚鈔(わみょうるいじゅしょう)』(十巻本と二十巻本がある)は承平年中(931~938)に辞典として編せられたが、名詞を分類別にしており、国書の類書でもある。江戸時代末に屋代弘賢(やしろひろかた)の編した『古今要覧稿(ここんようらんこう)』560巻(1821~1842)や明治時代の文部省計画による『古事類苑(こじるいえん)』1000巻(1896~1914)は、和書でこの形式をとったもの。寺島良安(りょうあん)編『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』100巻(1712序)は、中国に倣い、これを凌駕(りょうが)したもので、明治まで200年間にわたり実用に供せられた。以後、西洋の百科事典の形式に移った。[彌吉光長]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

類書
(1)類似の内容の図書.(2)分類された知識の書ので,百科全書東西を問わず,古代の百科全書は個別項目が分類順であり,その内容は既存の学術文献から関連記事を抄録したものである.この形式が中国では歴代踏襲され,最終で最大のものは清朝の『欽定古今図書集成』(1726年完成)で10,000巻からなる.類書形式は日本でも長く行われ,最終の『古事類苑』(1896-1914)は明治前の知識の集大成となっている.西洋では17世紀以降,項目のアルファベット順に編成し,総合的に要約記述する百科事典に発展した.日本でも20世紀に入って西洋的な百科事典に変わった.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

るい‐しょ【類書】
〘名〙
① 同種類の書物。また、類似の書物。類本。〔布令字弁(1868‐72)〕
② 事項別に分類・編集した書物。特に中国で、事項別に、それに関する詩文などの文献をまとめた書。
※典籍槩見(1754)類書「類書とは、事実と文章とを合して類聚したるを事文類聚と云、或は芸文類聚とも云なり」 〔新唐書‐芸文志・丙部子録・類書類〕
③ 同じ性質の文書。同類の書類。特に中世、ある文書の筆者が書いたそのほかの文書で、筆跡花押の真偽鑑定の基準とするに足るもの。訴訟の際に、証拠書類の真偽判定のために比較検討された。
※出羽市河文書‐文永二年(1265)閏四月一八日・関東下知状「十七日状令比挍、両方承伏宝蓮自筆類書等処、云手跡、云判刑、同筆之由所見也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

類書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

類書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.